自然環境・生物多様性

ニホンウナギの生息地保全の考え方

ニホンウナギの生息地保全の考え方(平成29年3月)[PDF5.31MB]

参考:ニホンウナギの生息地保全の考え方(概要)[PDF 768KB]

 ニホンウナギ(Anguilla japonica)は、外洋のマリアナ諸島西方海域に産卵場を持ち、東アジアの沿岸で成長する降河回遊魚であり、一生の大部分を河川や沿岸域等で過ごすと言われています。ニホンウナギの個体数は、1960年から70年代と比較すると、大きく減少しており、河川や沿岸域等の生息環境の変化が個体数の減少要因の一つと考えられます。

 「ニホンウナギの生息地保全の考え方」は、これまでの調査結果及び既存の情報を中心にニホンウナギが生息する河川や沿岸域等の保全や管理に携わる機会があると考えられる各主体に対して、ニホンウナギの保全の基本的な考え方と技術的な手法の例を示すことで、今後、ニホンウナギの生息地保全を行う際の参考となるよう、とりまとめています。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ