検索画面へ
  Go Research

課  題  名

RF-072 黄砂バイオエアロゾルの越境的健康被害調査のためのサンプリング・同定[PDF](561KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](259KB)

課題代表者

小林 史尚(金沢大学理工研究域自然システム学系・准教授)

研究期間

平成19−20年度

合計予算額

20,285千円(うち20年度 11,185千円)

研究体制

 (1)中国(敦煌)と日本(金沢)における黄砂バイオエアロゾルのサンプリング
      に関する研究

      (金沢大学、熊本県立大学)

 (2)黄砂バイオエアロゾルの分離培養・同定・分類に関する研究
      (金沢大学)

 (3)メタゲノム法を用いた黄砂バイオエアロゾルの生物情報学的研究
      (金沢大学)

 (4)黄砂バイオエアロゾルの健康被害に関する研究
      (金沢大学、神戸大学)

 (5)黄砂バイオエアロゾル長距離輸送の中間地点(韓国)におけるサンプリング・同定
      に関する研究

      (金沢大学、Chungbuk National University)