地球環境・国際環境協力

2002年度(平成14年度)の温室効果ガス排出量について(概要)

  • 2002年度の温室効果ガスの総排出量は、13億3,100万トン
  • 前年度の総排出量と比べると2.2%の増加。
  • 京都議定書の規定による基準年(原則1990年)の総排出量と比べ、7.6%上回っている。

この総排出量のうち、9割を占める二酸化炭素は、部門別にみると以下のとおり。

<産業部門> 1990年度比− 1.7%
<運輸部門> 1990年度比+20.4%
<業務その他部門> 1990年度比+36.7%
<家庭部門> 1990年度比+28.8%

図:部門別排出量

※今後、算定方法の改善により、変動の可能性がある。

ページ先頭へ