TEMM12 開催報告

第12回日中韓三カ国環境大臣会合 The 12th Tripartite Environment Ministers Meeting
among Korea, China and Japan May 22-23, 2010 Hokkaido, Japan
「環境協力に係る日中韓三ヵ国共同行動計画」を採択

第12回日中韓三ヵ国環境大臣会合(TEMM12)が5月22〜23日、北海道千歳市及び苫小牧市にて開催され、我が国からは小沢鋭仁環境大臣が出席しました。会合の結果、[1]日中韓サミットに報告する、今後5カ年の3ヵ国の環境協力について10の分野毎に目的と行動を示した「三ヵ国共同行動計画」及び[2]「共同コミュニケ」が採択されました。

関連資料のダウンロードはこちら

開催概要

開催日程/開催地

平成22年5月22日(土) 北海道 千歳市 (日中・日韓・中韓環境大臣バイ会談)
平成22年5月23日(日) 北海道 苫小牧市 (三ヵ国環境大臣会合)

当日の模様はこちら
主な出席者

韓国 李 萬儀(イ・マニ) 環境部長官
日本 小沢 鋭仁 環境大臣
中国 周 生賢(しゅう・せいけん) 環境保護部長

(写真:左から順に)

韓国:李 萬儀(イ・マニ) 環境部長官、日本:小沢鋭仁 環境大臣、中国:周 生賢(しゅう・せいけん) 環境保護部長
総論

 日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)は、様々な分野で北東アジア地域の環境協力を強化してきました。この結果、私たちは、三カ国が北東アジアで大気圏、水圏、生物圏を共有する環境共同体であることの認識を深め、また各国の取り組みの相互理解を増進し、協働する機会を拡大してきました。とりわけ、TEMMプロジェクトを通じ、三カ国で、国、地方政府、研究者、若者のネットワークが構築されたことは特筆に値します。これらを礎として、TEMM12で「環境協力に係る三カ国共同行動計画」が採択され、気候変動や生物多様性など重要分野における日中韓の協力活動の方向性を定めたことは大きな成果です。
また、東アジア共同体に向けて、アジアで低炭素、低公害、循環型社会を実現すべく、環境分野で日中韓の三カ国が中核となって、さらなる協力を進めていくことを望んでいます。

報道発表・配布資料