TEMM13 開催報告

第13回日中韓三ヵ国環境大臣会合 The 13th Tripartite Environment Ministers Meeting among Korea, China and Japan April 28-29 2011, Busan, Korea

 4月28〜29日、韓国・釜山において第13回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM13)が開催され、我が国から近藤昭一環境副大臣、韓国から李萬儀(イ・マニ)環境部長官、中国から 周生賢(しゅう・せいけん)環境保護部長が参加しました。
会合では、韓国の李環境部長官が議長を務め、@三カ国の国内環境政策の紹介と議論、A地球規模及び地域環境課題に関する主要政策についての議論、B共同行動計画の進捗評価、C特別セッションで学生及びビジネスフォーラム結果報告について意見交換が行われ、これらの結果は共同コミュニケとして採択されました。
また、韓国、中国とそれぞれ二国間会談を行い、中国とは、環境協力事業実施についての2本の覚書に合意しました。

関連資料のダウンロードはこちら

開催概要

開催日程/開催地

平成23年4月28日(木)〜29日(金)、韓国・釜山

当日の模様はこちら
主な出席者

中国 周 生賢(しゅう・せいけん) 環境保護部長
日本 近藤 昭一 環境副大臣
韓国 李 萬儀(イ・マニ)環境部長官
(写真:右から順に)

日本 近藤 昭一 環境副大臣  韓国 李 萬儀(イ・マニ)環境部長官 中国 周 生賢(しゅう・せいけん) 環境保護部長
議論のポイント

@冒頭、東日本大震災に対するお見舞いの意が示され、近藤副大臣から韓国・中国からの支援について感謝の意を示すとともに、震災及び原発事故の対応、安全の確保に最優先で取り組んでいることを説明し、中国及び韓国から理解が示されました。

A近藤副大臣からの要請を踏まえ、今後三カ国で、黄砂や海洋ごみ等の越境汚染対策、渡り鳥が関係する鳥インフルエンザ対応等の分野での協力及び対策強化が合意されました。

B東日本大震災を踏まえて、自然災害に起因する環境破壊を防止するため、三ヵ国間の密接な協力が重要である点について合意され、今後、情報共有や人材育成等の共同施策を検討することとされました。

C昨年策定された「共同行動計画」の進捗を確認し、実施を更に推進していくことが合意されました。

D三カ国の学生の間で、低炭素グリーン・キャンパスの実現、将来のグリーンリーダーの育成について、また三カ国の産業界の代表の間で、環境市場を拡大するための環境情報の共有、途上国の環境を改善するための共同事業について意見交換が行われ、大臣会合にその結果が報告されました。

E次回会合は、来年中国で開催されることとなりました。


報道発表・配布資料

TEMMに関する報道発表・配布資料は、こちらからダウンロードして頂けます。また、今までに開催した TEMMに関する資料 やTEMMプロジェクトに関する資料は、関連資料でご紹介しています。