ページUP

中国における環境汚染の現状と対策、環境対策技術ニーズ

環境対策技術ニーズ

(最終更新日:2012年3月21日)

全般的な環境対策技術ニーズ

中国における全般的な環境対策技術ニーズは、以下の表のようにまとめられます。

分野 技術ニーズ
大気汚染 ・中小企業(小型製鉄所)の小型ボイラーの二酸化硫黄(SO2)、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM10)などの削減
・脱硫脱硝技術及び設備
・フィルターや関連の設備技術
・汚染物排出のオンラインモニター技術及び設備
・自動車由来の大気汚染物質の制御技術
・環境負荷の少ない車両の開発
水質汚濁 ・工業団地内の工場排水、生活排水の処理、排水回収再利用技術
・湖沼に流入する工場や生活排水の処理
・排水処理設備・ 中水のアルカリ化
・工業用水の節水検査及び技術サービス
・都市汚水、鉱業活動での排水などの利用及び代替水資源の開発技術
・クローズド排水技術
・汚泥処理技術及び設備
・高度有機排水処理技術及び設備
・水浄化技術
地球温暖化・エネルギー対策 ・データ処理分析システム
・省エネルギーモニタリング技術
・再生可能エネルギー関連技術
・省エネ技術
  新たな高効率的な工業ボイラー及びボイラーシステム
  石炭代替、クリーンコール及び高品質的なバイオエネルギーを利用するボイラー
  高効率省エネルギーエンジン
  周波数変調エンジン
  高効率ファン、バンプ、圧縮設備、効率的な伝動設備など
  建物熱供給システム
  建物の熱防護、新型壁材及び熱絶縁性材料と技術
  省エネルギードア、窓及びガラス幕壁(空気幕壁を含む)技術
  高効率冷暖房
・高効率照明光源製品生産技術
・クリーン開発メカニズム(CDM)27事業及び再生可能エネルギー関連技術
  余熱回収(セメント、ガラス企業)
  バイオマス発電、バイオガス利用
  風力発電
  太陽エネルギー及び太陽光発電設置住宅システム技術及び設備
・浅層地熱エネルギー、排水バンプ技術及び設備
環境分析・測定 ・火力発電所、自動車由来の大気汚染のモニタリング
・移動型モニタリング車
・化学的酸素要求量(COD)、アンモニア、窒素、リンなどの汚染物質等の水質監視制御システム
・水質モニタリング・ネットワーク及び予防警備技術
・ガスクロマトグラフィなどの分析設備
出典:
関東経済産業局. 中小企業のアジア諸国における環境ビジネス展開に関する調査. 2008. 機械振興協会経済研究所. 中国の環境ビジネス市場と日本企業進出の現状に関する調査研究. 2008.



NOx排出削減対策分野における技術ニーズ

また、特にNOx排出削減対策分野における技術ニーズについては、次のようなものが想定されます。

分野 期待される環境技術 想定されるニーズ
NOx抑制技術 ・高効率低NOxバーナ
・セメント焼成用高効率低NOxバーナ
・火力発電所での低NOx燃焼技術は継続的なニーズが存在すると予想されるが、既に国産技術が開発・導入されており、さらに高効率の技術であれば、可能性あり
・セメントキルンからのNOx削減対策として低NOxバーナ(低空気比運転、NSP (ニューサスペンションプレヒーター)方式キルンの採用、石炭及び原料フィード量の調節などのほか)
NOx除去技術 ・SCR(選択還元触媒)
・触媒再生技術
・火力発電所用、セメント焼成炉向けの触媒の需要が増大
・触媒の寿命が5〜10年とすると、2015年頃から、石炭のような灰分の多い燃焼ガス中で使用した排煙脱硝触媒を再生する技術へのニーズが増大
・工業用ボイラ向けの低温SCR技術
NOxモニタリング技術 ・排ガス自動計測器(データを送信できるソフトウエアを含む) ・データ送信できるCEMS(連続モニタリングシステム)の設置、使い方指導、メンテナンス

 今後、「国家環境保護技術評価とモデル管理弁法」の実施細則が公表されれば、その枠組みを利用し、中国で高い技術評価を受けることにより、他の技術との比較優位性を明確にし、中国市場における競争力を増加させることが可能となります。

(2011年3月時点での調査結果に基づく)

詳細情報

中国におけるNOx削減に係る技術ニーズ [PDF 343KB]
  1. NOx削減技術
  2. NOxモニタリング技術

(2011年3月時点での調査結果に基づく)

技術リスト

以上のような技術ニーズを踏まえ、NOx削減に取り組む中国行政官、企業関係者などを対象として、窒素酸化物削減に関わる技術のポイント(原理や特徴)を体系的に紹介した、「窒素酸化物削減に関する技術リスト」 を作成しました。

「窒素酸化物削減に関する技術リスト(日本語版)」[PDF 2.77MB]
「窒素酸化物削減に関する技術リスト(中国語版)」[PDF 2.70MB]
(2010年3月発行。無断転載を禁ずる。)