環境省大気環境・自動車対策

微生物によるバイオレメディエーション

 微生物によるバイオレメディエーションは、微生物の働きを利用して汚染物質を分解等することにより、土壌、地下水等の環境汚染の浄化を図る技術のことをいいます。

 環境省と経済産業省は共同で検討を行い、生態系等への影響に配慮した適正な安全性評価及び管理手法のための基本的な考え方を指針として示し、事業者に活用していただくことによって、バイオレメディエーション事業の一層の健全な発展及び環境保全に資することを目的として、平成17年3月に「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」を策定しました。
 平成17年度から、環境省と経済産業省は合同で事業者から申請のあった浄化事業計画が利用指針に適合しているかどうかについて、確認を行っています。

お問い合わせ
環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室
微生物によるバイオレメディエーション利用指針担当
住所 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-3581-3351(内線6551)
FAX 03-3593-1049

ページのトップへ