大気環境・自動車対策

微小粒子状物質に関する主な通知、事務連絡

微小粒子状物質(PM2.5)の測定精度に関する説明会の開催について

 環境省では、「大気中微小粒子状物質(PM2.5)成分測定マニュアルに係る精度管理解説の作成及び一部改訂について(通知)」(令和元年5月14日環水大大発第1905145号)において、新たに成分測定に係る精度管理解説を策定するとともに、成分測定マニュアルの一部を改訂したほか、「大気中微小粒子状物質(PM2.5)成分測定マニュアルに係る目標検出下限値の達成状況について」(令和元年5月14日事務連絡)において、成分測定に係る目標検出下限値の達成状況を確認して報告しました。また、「微小粒子状物質(PM2.5)質量自動測定機の運用に係る追加検証結果について」(令和元年5月21日事務連絡)においては、PM2.5質量自動測定機における1時間値の測定精度の特徴に関して得られた知見を提供しました。
 今般、これらのPM2.5の測定精度に関する説明会を開催いたします。
 詳細は、下記をご覧ください。

 一般財団法人 日本環境衛生センター HP https://www.jesc.or.jp/training/tabid/353/Default.aspx

ページ先頭へ