大気環境・自動車対策

粉じん規制

一般粉じん発生施設

大気汚染防止法施行令
別表第2の施設番号
一般粉じん発生施設規模
コークス炉 原料処理能力:50t/日以上
鉱物(コークスを含み、石綿を除く。以下同じ。)又は土石の堆積場 面積:1,000m2以上
ベルトコンベア及びバケットコンベア (鉱物、土石、セメント用) ベルト巾:75cm以上
又はバケットの内容積:0.03m3以上
破砕機及び摩砕機(鉱物、岩石、セメント用) 原動機の定格出力:75KW以上
ふるい(鉱物、岩石、セメント用) 原動機の定格出力:15KW以上

特定粉じん発生施設

大気汚染防止法施行令
別表第2の2の施設番号
特定粉じん発生施設規模
解綿用機械 原動機の定格出力:3.7KW以上
混合機
紡織用機械
切断機 原動機の定格出力:2.2KW以上
研磨機
切削用機械
破砕機及び摩砕機
プレス(剪断加工用のものに限る)
穿孔機

*石綿を含有する製品の製造の用に供する施設に限り、湿式及び密閉式のものを除く。

特定粉じん排出等作業

 特定建築材料(吹付け石綿等)が使用されている建築物その他の工作物を解体又は改造又は補修する作業。

*詳細は、以下のパンフレット等をご覧ください。

[1]
「建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル」
[2]
「私たちの環境とアスベスト」(一般啓発用パンフレット) [PDF 500KB]

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ