環境省 > 総合環境政策 > 環境技術実証事業 > ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)”対象分野の概要”
環境技術実証事業ホームへ戻る
環境技術実証事業ご案内パンフレット
申請の手引き
実証済み技術導入事例
対象技術分野 現在実施中の分野 再生可能エネルギー 中小水力発電 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術) 自然地域トイレ し尿処理技術分野 有機性排水処理技術分野 閉鎖性海域における水環境改善技術分野 湖沼等水質浄化技術分野 ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)現在実施中の分野一覧 過去に実証した技術分野・休止中の分野一覧
報道発表
イベント告知・報告
お問い合わせ
ENGLISH
対象技術分野

ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム)

対象分野の概要
背景・関連情報
実証済み技術一覧
地中熱を利用したヒートポンプ空調システム例地中熱を利用したヒートポンプ空調システム
 
公募情報のページはこちらです
実証済み技術一覧
 
対象分野の概要

技術の概要

地中熱、下水等と外気との温度差を利用して、住宅の冷暖房を行う技術です。地中(地下水)は、冬は外気よりも暖かく、夏は外気より温度が低いという特性を有することから、空気を熱源とするよりも効率よく冷暖房を行うことができます。また、夏季においては、冷房時排熱を空気中に放出しないという特徴を有します。

対象となる技術の例

地中熱、下水等を熱源とした水冷式ヒートポンプ、地中熱交換部、及びそれらを組み合わせたシステム全体
※次に示す技術のまとまり(実証単位)で実証試験を実施。

図1 実証対象技術の全体像

本実証では、ヒートアイランドの抑制効果の実証を目的としますので、主に当該システムによる地中との熱交換量、および当該システムのエネルギー効率を測定します。そのため、図2に示す(A)~(C)の技術のまとまり(単位)で実証試験を実施します。この単位を「実証単位」と定義しています。
なお、下水熱利用システムのように地中熱交換部の構造が実証試験に適しない場合は、実証単位(A)(B)など実証可能な項目のみを実証項目とします。

(A)地中熱利用システム全体
   熱交換井から室内の設備システムまでを含めた、当システムに関わる技術全体のことを指します。
(B)地中熱 / 下水熱専用ヒートポンプ
   地中や下水の温度範囲での使用を想定した水冷式ヒートポンプを指します。
(C)地中熱交換部
   地中熱交換井からヒートポンプシステム手前までのシステムです。

図2:地中熱・下水道を利用したヒートポンプ空調システム技術の冷却運転時のイメージ

参考資料

 
利用者(事務所、学校・公共施設、病院・温浴施設・宿泊施設、住宅、農業施設、道路融雪等の施主・保有者の方)へ
地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムは、人工排熱を外気中へ放出せず、地中熱、下水等へ排熱するため、夏季のヒートアイランド抑制につながります。加えて空気を熱源とするよりも効率よく冷暖房を行うことができるため、二酸化炭素排出削減効果やランニングコスト削減効果も期待できます。

ETV事業では、これらの効果のうち「ヒートアイランド対策効果」に着目し、システムエネルギー効率、地中との熱交換性能等に関して、第三者による技術実証試験結果を公表し、技術の有効性を判断するために必要な各種情報を提供することで、利用者のニーズにあった技術選定に役立つものと考えています。
実証申請者(地中熱・下水熱等を熱源とした水冷式ヒートポンプ、地中熱交換部、及びそれらを組み合わせたシステム全体の製造業者、施工業者、販売事業者の方、又はそれらを導入している法人・個人の方)へ
環境省が実施した建物建造に携わる民間事業者や全国の自治体を対象としたアンケート調査では、地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムに関して、民間事業者や自治体はある程度認知している一方、一般の施主(顧客)における認知度が低いと考えられている状況が見られました。また、導入しようとした場合の関連事業者の探しやすさに対する不満も挙げられています。

ETV事業は、利用者に対して利用可能な環境技術の概要を紹介すると共に、第三者による技術実証試験結果を公表し、利用者の技術選定のために必要な各種情報を提供することで、利用者の潜在的なニーズを引き出し、実証申請者の有用な技術の普及拡大に役立つものと考えています。

実際に、過去の実証申請者を対象にしたアンケート調査では、「実証後、技術に対する問い合わせが増えた」、「販売促進や技術開発等の活動に関して、ある程度の効果があった」との回答、また、交付されたETVロゴマークについて、「製品のパンフレット、技術報告、外部向け冊子、自社のウェブサイトなどに掲載している」という回答が見られます。

▶「申請の手引き」はこちら
このページトップへ