環境省 > 総合環境政策 > 環境技術実証事業 > これまでの実証成果
環境技術実証事業ホームへ戻る
環境技術実証事業ご案内パンフレット
申請の手引き
実証済み技術導入事例
対象技術分野現在実施中の分野 再生可能エネルギー 中小水力発電 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術) 自然地域トイレ し尿処理技術分野 有機性排水処理技術分野 閉鎖性海域における水環境改善技術分野 湖沼等水質浄化技術分野 ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術) ヒートアイランド対策技術分野(地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム) 現在実施中の分野一覧 過去に実証した技術分野・休止中の分野一覧
報道発表
イベント告知・報告
お問い合わせ
ENGLISH
これまでの実証成果
実証済み技術一覧 実証した技術数 実証試験結果報告書
 
実証冊子 広報活動 海外の動向
  

実証済み技術一覧

【検索フォームの使用方法】
   下記の"分野選択"プルダウンメニューからの検索、または"実証番号"検索ボックスへ
   実証番号を入力していただきますと掲載位置へジャンプします。

【検索フォームを使用しない場合】
  左サイドメニューより、対象技術分野対象技術分野の各ページに進み「実証済み技術一覧」をご覧下さい。

-    入力例:110-1101
このページトップへ

実証した技術数

全技術分野で、これまでに585技術を実証してきました(平成26年度末現在)
実証した技術数グラフ

※個別の実証結果はこちら「実証済み技術一覧」をご覧下さい。
このページトップへ

実証試験結果報告書


■実証試験結果報告書(詳細版)
 実証試験結果報告書(詳細版)とは、実証機関が作成するもので、以下に示す内容を含む実証試験の全ての
 結果を取りまとめたものです。
 有識者により組織される技術実証検討会での検討を経た上で、環境省の承認を得るものであり、
 全ての報告書が環境技術実証事業ウェブサイト等に登録・公開されます。
●全体概要
●実証試験の概要と目的
●実証対象技術及び実証対象技術の概要
  ・技術の名称及び型番
  ・実証対象技術の原理
  ・実証対象技術の仕様と環境保全効果
●実証申請者(名前、住所、電話番号、FAX番号、電子メールアドレス、WEBアドレス)
●実証試験の方法と実施状況
  ・実証試験全体の実施日程
  ・環境保全効果実証項目(方法と実施日)
●実証試験結果と検討(測定・分析結果を表やグラフを用いて示す)
  ・環境保全効果実証項目(物性値、計算結果)
●付録
  ・データの品質管理
  ・品質管理システムの監査
■実証試験結果報告書(概要版)
 実証試験結果報告書(概要版)とは、実証試験結果報告書(概要版)を元に、重要な実証試験結果を中心に
 コンパクトにとりまとめたものです。

※個別の実証試験結果報告書はこちら「実証済み技術一覧」のPDF書類からご覧下さい。
このページトップへ

実証冊子

実証冊子とは、実証を行っている各分野の1年間の活動を取りまとめたもので、実証試験結果概要等の情報が掲載されています。
実証済み技術や当該技術分野の普及拡大に向けたPR資料の位置づけですので、例えば実証申請者であれば、自社の実証済み技術の営業資料としてお使いいただくことを想定しています。

※過去の実証冊子はこちら「関連資料アーカイブ
このページトップへ



広報活動

実証された技術は、環境技術実証事業ウェブサイトに登録・公開されます。
また、環境技術実証事業では事業の普及のために、シンポジウムの開催や、各種展示会や学会等での情報発信を行っています。これらの取組に協力・参画いただくことで、実証済み技術をPRする機会が得られます。

※ウェブサイトでの公開はこちら「実証済み技術一覧

平成28年度の展示会・学会等での広報活動報告


展示会での広報活動
エコプロダクツ2016(主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社)
2016年12月8日(木)~10日(土) 東京ビッグサイト
  • 実証運営機関、実証申請者との共同出展によりブースを設置
  • 事業リーフレット、広報資料、実証申請者各種パンフレットの配布及び実証済技術のデモ機、デモビデオの設置
エコプロダクツ東北2012の写真

学会での広報活動
第19回日本水環境学会シンポジウム(主催:日本水環境学会)
2016年9月14日(水) 秋田県立大学秋田キャンパス
  • 環境省、実証運営機関、実証機関、実証申請者による実証事業のセッションでのプレゼンテーション
エコプロダクツ東北2012の写真



平成27年度の展示会・学会等での広報活動報告


展示会での広報活動
エコプロダクツ2015(主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社)
2015年12月10日(木)~13日(土) 東京ビッグサイト
  • 実証運営機関、実証申請者との共同出展によりブースを設置
  • 事業リーフレット、広報資料、実証申請者各種パンフレットの配布及び実証済技術のデモ機、デモビデオの設置
エコプロダクツ東北2012の写真

学会での広報活動
第18回日本水環境学会シンポジウム(主催:日本水環境学会)
2015年9月14日(月)~16日(水) 信州大学長野(工学)キャンパス
  • 環境省、実証運営機関、実証機関、実証申請者による実証事業のセッションでのプレゼンテーション
エコプロダクツ東北2012の写真


※過去のデータはこちら「過去の展示会・学会等での広報活動報告

このページトップへ



海外の動向

今、環境技術実証事業は世界各国で取組が進んでいます。我が国をはじめ、6カ国・地域で取り組まれており、全体での実証件数は1,062件(2011年2月現在)に達しています。
このページトップへ