しってるかな?外来生物 −外国からやってきた生き物たち 外来種図鑑(がいらいしゅずかん)
外来生物法のページ(がいらいせいぶつほうのぺーじ)
環境省こどものページ(かんきょうしょうこどものぺーじ)

Index -もくじ- >> Home(トップページ) > クワガタハカセに聞く
外来生物ってなに?(がいらいせいぶつってなに) 生き物を飼う時の注意(いきものをかうときのちゅうい) ハカセに聞く(はかせにきく) 調べてみよう(しらべてみよう)

クワガタハカセに聞く >(1) >(2) >(3)


ぽち
(ぽち)

五箇(ごか)先生こんにちは。今日は、外国からやってきたカブトムシやクワガタについて、お話をうかがいに来ました。よろしくおねがいします。

こんにちはー。カブトムシやクワガタのどんなことについて聞きたいのかい?
クワガタハカセ(ごか先生)
(クワガタ博士)
ぽち
(ぽち)

最近お店やデパートとかで、外国からやってきたカブトムシやクワガタをたくさん売っているけど、一年間で何匹くらい外国からやってくるのか教えてください。

そうだね、最近外国からやってきたのがたくさん売られているよね。カブトムシやクワガタの日本への輸入(ゆにゅう:もってくること)はここ数年で急に増えていて、去年はわかっているだけで100万匹くらい日本にやってきているんだよ。僕がこどものころは、カブトムシやクワガタを日本にもってくることは禁止されていたんだけど、それから考えるとすごい数だよね。
クワガタハカセ(ごか先生)
(クワガタ博士)
ぽち
(ぽち)

ひゃー! 100万匹ですかー。ものすごい数ですねー。先生がこどものころは輸入が禁止されていたのでしたら、最近になってカブトムシやクワガタが日本にやってくるようになったんですね。こんなにたくさんのカブトムシやクワガタ、いったいどこから輸入されるのでしょうか?

東南アジアや中国なんかが多いけど、オーストラリア、南米なんかからも輸入されているんだよ。いま日本には世界中からカブトムシやクワガタが集まってきているんだ。カードゲームに使うカードにも、どこの国が原産か書いてあるだろ。たくさんカードをもっている人は、売っているカブトムシやクワガタが、普段はどこの国に住んでいるのか、すぐに調べられるんじゃないかな?
クワガタハカセ(ごか先生)
(クワガタ博士)
ぽち
(ぽち)

家に帰ったら、さっそくカードを調べてみますね! ところで、こんなにたくさんの数のカブトムシやクワガタが日本にやってきているってことは、もともと住んでいたところから、誰かがとってきて、日本にもってきているということですか?

そうだね。輸入されている100万匹のうち、ほとんどは、もともと住んでいた森とかでつかまえて、それを日本にもってきているんだ。もちろん、お店で売っているものの中には、日本に住んでいる人が、タマゴを生ませて増やしたものもあるけどね。
クワガタハカセ(ごか先生)
(クワガタ博士)
ぽち
(ぽち)

そんなにたくさんの数のカブトムシやクワガタを、外国の森でつかまえてしまったら、とりすぎて、いなくなってしまうんじゃないですか?

そういう種類のものも、なかにはいると思うよ。外国では、カブトムシやクワガタを日本にもっていけば、高いねだんで、たくさん買ってくれるからっていうことで、いっぱいつかまえているんだ。人間がたくさんとってしまうことで、絶滅(ぜつめつ)してしまった生き物がいっぱいいるんだよ。
クワガタハカセ(ごか先生)
(クワガタ博士)


つぎのぺーじ

環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物担当
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL:03-3581-3351(代表)

著作権・リンクについて