CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業とは

CO2削減効果の優れた技術の開発・実証を行い気候変動対策の強化に貢献することを目的としています。我が国の早期の脱炭素社会の実現を実現するためには、あらゆる分野でさらなるCO2削減が可能なイノベーションを創出し、早期に社会実装することが必要不可欠です。CO2排出削減の高効率化や低コスト化等のための技術的課題を解決し、優れたCO2排出削減技術を生み出し、実社会に普及させていくことは、将来的な地球温暖化対策の強化につなげることに極めて重要です。一方、CO2排出削減に貢献する技術開発は、開発リスクが大きいなど、産業界が自ら対策強化を行うインセンティブが小さい等の理由により、民間の自主的な技術開発に委ねるだけでは、必ずしも十分に進まない状況にあります。このため、国の政策上必要な、CO2排出量を大幅に削減する技術の開発・実証を、国が主導して推進していくことが必要です。本事業は将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を強力に進め、早期の脱炭素社会の実現に貢献することを目的としています。

お知らせ