共通ナビゲーションを飛ばす
TOP
環境省 > 地球環境・国際環境協力 > 国際環境協力 HOME > 国別・地域別協力 > 日・インドネシア環境協力
Loading

国別・地域別協力

日・インドネシア環境協力

インドネシアの環境政策の発展に貢献するため、環境省はこれまで様々な分野での協力を実施してきました。

2012年12月5日には、環境分野における相互協力を強化し、促進し、発展させるため、カタール国ドーハにおいて、長浜環境大臣とインドネシア共和国のバルタサル・カンブアヤ環境大臣が「日本国環境省とインドネシア共和国環境省の間の環境協力に関する協力覚書」に署名しました。2017年4月には、 山本環境大臣とシティ環境林業大臣が環境協力に関する覚書を更新しました。本協力文書に基づき、廃棄物処理、水質汚濁、大気汚染、気候変動、等の分野において、相互協力を進めていきます。

開催年 開催地 会議概要
第1回
(2014年)
スラバヤ 二国間関協力のレビューとして、二国間クレジット制度(JCM)プロジェクト、廃棄物管理、水質汚染防止、コベネフィットプロジェクトなどの順調な進展を確認し、日本がJCMを活用してASEAN ESCの支援を継続すること、ASEAN各国にJCMへの賛同を求めること、インドネシア環境省の環境政策発展センター(EPDC)の支援を行うことを合意した。
第1回 日本・インドネシア共和国環境政策対話の結果について
第2回
(2018年)
ジャカルタ 両国は、これまで協力について意見交換を行い、チタルム川の水質に関する協力を進めること、水銀管理に関する協力を進めること、廃棄物管理に関する協力を進めること、ASEAN+3やG20に向け海洋プラスチックごみ分野で協力していくこと等に合意した。
第2回日本・インドネシア環境政策対話の結果等について