水・土壌・地盤・海洋環境の保全

非特定汚染源対策の推進に係るガイドライン(第二版)

 環境省では、湖沼等の水質保全のために、排出源の特定が困難な非特定汚染源の対策を全国的に推進することを目的として「非特定汚染源対策の推進に係るガイドライン」(平成21年3月作成)を改訂しました。

今回の改訂では、非特定汚染源負荷調査の作業例や負荷量算定手順の具体例、非特定汚染源負荷の状況を概略的に把握するための調査手法の考え方等を加筆しており、湖沼等の水質保全の関係者等が参考資料として幅広く活用されることを想定しています。

*非特定汚染源:汚染物質の発生源のうち、排出源の特定が困難な市街地、農地、森林等からの流出水。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ