水・土壌・地盤・海洋環境の保全

瀬戸内海環境保全特別措置法の一部を改正する法律について

第189回国会において制定された瀬戸内海環境保全特別措置法の一部を改正する法律(平成27年法律第78号。以下「改正法」という。)は、平成27年10月2日に公布され、同日から施行されました。

改正法は、瀬戸内海の現状に鑑み、瀬戸内海を豊かな海とするため、その環境の保全上有効な施策を一層推進しようとするものです。

改正法制定の趣旨

瀬戸内海の環境保全については、美しさを誇る景勝地、貴重な漁業資源の宝庫としての特殊性に鑑み、昭和48年に瀬戸内海環境保全臨時措置法が制定され、昭和53年には赤潮等による被害に対する富栄養化対策を含む新たな施策が加えられた恒久法として瀬戸内海環境保全特別措置法に改正され、総合的な対策が進められてきました。このような取組の結果、一定の水質改善等の成果が見られるものの、依然として生物の多様性及び生産性の確保等に係る課題が残っています。また、湾・灘ごと、季節ごとの課題にきめ細やかに対応する必要性も指摘されています。

改正法では、「瀬戸内海の環境の保全」について、水質が良好な状態で保全されるとともに、生物の多様性及び生産性が確保されるなど、瀬戸内海の有する価値や機能が最大限に発揮された「豊かな海」とする考え方が明確にされました。そして、瀬戸内海の環境を保全する上で有効な施策を一層推進するため、瀬戸内海の環境の保全に関する基本理念の新設、瀬戸内海の環境の保全に関する基本計画・府県計画の規定の改正、具体的施策の追加等の措置を講ずることとされました。

関係資料

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ