廃棄物・リサイクル対策

平成21年度使用済小型家電からのレアメタルリサイクルモデル事業におけるモデル地域の選定結果について

平成21年8月17日
廃棄物・リサイクル対策部 企画課 リサイクル推進室

 経済産業省と環境省は、昨年度から、適正かつ効果的なレアメタルのリサイクルの構築を目指すべく、全国3地域において「レアメタルリサイクルモデル事業」を実施し、「使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会」を開催し検討を行ってきました。
 今年度、新たにモデル事業を行う地域を、本年6月4日(木)から7月17日(金)までの期間をもって公募を行ったところ、期間内に8件の応募があり、応募内容について、審査委員会による助言を踏まえ審査を行った結果、以下の4地域の事業計画を採択することに決定いたしました。

採択されたモデル事業実施地域

大都市圏であり、人口の若年層割合が高い地域

  • 江東区及び八王子市(東京都)
  • 名古屋市及び津島市(愛知県)
  • 京都市(京都府)

回収方法や中間処理等に先進性を持つ地域

  • 水俣市(熊本県)

 今後、本公募により採択された事業計画に基づき、使用済小型家電からのレアメタルリサイクルを行うためのモデル事業を実施する事業者を、別途、経済産業省及び環境省が一般競争入札により選定し、事業発注を行う予定です。

担当
廃棄物・リサイクル対策部 企画課 リサイクル推進室 正岡、大野
TEL: 03-5501-3153(直通)
ページ先頭へ