環境再生・資源循環

青森県エコタウンプランの承認について

平成14年12月25日(水)

概要

 この度、青森県のエコタウンプラン(あおもりエコタウンプラン)の承認申請があり、これを審査した結果、青森県内のリサイクル資源を活かした自然還元に資する製品を生み出すシステム構築を通じて自然環境の保全・自然再生を目指す構想は、独創的で先進性に優れると認められるので、環境省と経済産業省は平成14年12月25日に共同で承認することとした。
 なお、本承認は全国で17番目のエコタウンプランの承認となる。

本文

あおもりエコタウンプランの概要

 地域のリサイクル資源の循環による自然還元に資する製品を生み出すシステムの構築により、豊かな自然の維持と失われつつある自然の再生を目指す地域づくりを図る。
 具体的には、八戸地区を資源循環型地域づくりの拠点とし、同地区において古くから蓄積された金属溶融還元、金属精錬技術を活用して、ホタテ貝殻や一般廃棄物の焼却灰等を安全な形で再資源化することにより、水産資源の育成に資する魚礁や天然砂利の代替品としての人工スラグを生産する事業等を推進し、自然循環システムの構築を図るもの。
 これにより、地域的な課題となっているホタテ貝殻の処理問題の解決や、山林掘削による天然砂利の採取によってもたらされる自然破壊の防止に資することとなる。

 本プランの「焼却灰・ホタテ貝殻リサイクル事業」の整備事業に対しては、経済産業省による資源循環型地域振興施設整備費補助金を交付予定である(平成14年度予算にて予算措置済み)。

問い合わせ
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部
企画課リサイクル推進室
 室長  :長門(内線6831)
 室長補佐:玉原(内線6832)
 担当  :菅沼(内線6836)
※経済産業省、青森県においても同時発表
ページ先頭へ