報道発表資料

平成20年7月4日
自然環境 地球環境
この記事を印刷

北海道洞爺湖サミットでの「NATIONAL PARKS OF JAPAN & Japan's Strategy for a Sustainable Society」の配付について(お知らせ)

 環境省では、美しい自然景観を有する地・洞爺湖においてG8サミットが開催されるこの機会に、日本を代表する美しい自然を広く海外にアピールするとともに、我が国の環境戦略を広く普及啓発していくため、株式会社山と溪谷社等の協力を得て、「NATIONAL PARKS OF JAPAN & Japan's Strategy for a Sustainable Society」と題する英文誌を作成し、北海道洞爺湖サミットに参加する各国政府代表団、海外メディア関係者等に提供いたします。
 本誌は、支笏洞爺国立公園をはじめ全国29箇所の国立公園の美しい自然の写真集と、21世紀環境立国戦略等我が国の環境戦略と協賛企業等による環境保全の取組を紹介する記事から構成されています。

1.本誌の概要

書籍名
NATIONAL PARKS OF JAPAN & Japan's Strategy for a Sustainable Society
A4版
240ページ カラー4色刷り
非売品
用途
北海道洞爺湖サミットに参加する各国政府関係者や海外メディアに提供する他、在日の各国大使館等に寄贈します

第1部として、利尻礼文サロベツ国立公園から西表石垣国立公園まで、全国29の国立公園の美しい自然を、全国の国立公園の写真を40年間にわたって撮影してきた写真家・森田敏隆氏の美しい写真をふんだんに使って紹介(224ページ)。
第2部では、21世紀環境立国戦略、第三次生物多様性国家戦略について概況を紹介し、これに関連した環境保全の取組を実施している地方自治体や民間企業(協賛企業)等の取組を紹介する記事を掲載(16ページ)。

2.本誌の製作に協力いただいた企業等

本写真集の作成にあたっては、以下の企業に御協賛いただいております。
サラヤ株式会社
ソニー株式会社
東京電力株式会社
三菱製紙株式会社
株式会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
株式会社 山と溪谷社
(50音順)

添付資料

連絡先
環境省
代表 03-3581-3351
自然環境局国立公園課
直通 03-5521-8278
課長 神田 修二(内線 6440
課長補佐 則久 雅司(内線 6442)
担当 中山 直樹(内線 6489)
地球環境局総務課G8環境大臣会合等準備室
室長 奥田 直久(内線6932)
室長補佐 大井 通博(内線6933)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ