報道発表資料

平成20年2月5日
自然環境
この記事を印刷

(お知らせ) トキの野生順化訓練個体の追加について

 本年秋に予定しているトキの試験放鳥に向け、平成20年2月12日(火)に野生復帰ステーション順化ケージに10羽のトキを追加し、昨年7月より訓練を開始している5羽のトキとともに採餌、飛翔、天敵回避等の野生順化訓練を行うこととしましたのでお知らせします。

1.経緯

(1)
本年秋に予定している試験放鳥に向け、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションでは、順化ケージにおいて、昨年7月より5羽のトキの野生順化訓練を開始しました。
(2)
野生順化訓練がおおむね順調に進んでいることから、昨年12月、同ステーションの小型(繁殖用)ケージに20羽(順化ケージでの訓練個体12羽、繁殖訓練個体8羽(4ペア))を移送しました。

2.野生順化訓練個体の追加

(1)
今般、昨年12月に小型(繁殖用)ケージへ移送した順化ケージ訓練個体12羽のうち、同ステーションの環境に十分慣れたと判断される10羽のトキを順化ケージに追加し、野生順化訓練を進めます。
(2)
これらの個体の追加により、順化ケージにおいて野生順化訓練を行う個体は、既に訓練中の5羽と合わせて、計15羽となります。

3.追加個体数及び内訳

(1)
追加個体数
10羽(オス4羽、メス6羽)
(2)
内訳
2005年生: 4羽(オス1羽、メス3羽)
2006年生: 3羽(オス2羽、メス1羽)
2007年生: 3羽(オス1羽、メス2羽)

4.個体を追加する日時・場所

(1)
日時
平成20年2月12日(火)10:00頃
なお、当日、荒天により作業を延期する場合があります。
(2)
場所
佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション 順化ケージ

【参考】
野生復帰ステーションの訓練個体の総数  23羽
○順化ケージ: 15羽(オス7羽、メス8羽)
○繁殖ケージ:  8羽(オス4羽、メス4羽)

5.取材要領

(1)
トキ野生復帰ステーションでの取材については、順化ケージ周辺など立ち入りを制限します。
(2)
立入制限区域内での取材は代表取材とし、代表取材の調整は新潟県で行っていただきます
(3)
立入制限区域外での取材は、作業の妨げとならないよう、佐渡トキ保護センターの指示に従ってください。
詳しくは、佐渡トキ保護センター(tel:0259-22-2445)まで御連絡ください。
連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351
課長:星野 一昭(6460)
補佐:西山 理行(6475)
専門官:中村 昌孝(6469)

ページ先頭へ