報道発表資料

平成19年11月6日
地球環境
この記事を印刷

第9回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)の開催について

第9回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM※)が12月4日(火)〜6日(木)に富山県で開催されることになりましたのでお知らせします。

1.目的

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)は、北東アジアの中核である日本・中国・韓国の三カ国の環境大臣が一堂に会し、本地域及び地球規模の環境問題に関する対話を行い、協力関係を強化するため、1999年(平成11年)から毎年各国持ち回りで開催しています。(昨年は平成18年12月に中国北京市で開催)
※TEMM : Tripartite Environment Ministers Meeting

2.日程

平成19年12月4日(火)〜6日(木)(別紙参照)

3.開催場所

富山県富山市・富山全日空ホテル(平成19年11月19日より「ANAクラウンプラザホテル富山」に名称変更予定)

4.主な出席者

日本 鴨下一郎環境大臣
中国 周生賢(ジョウ・シェイシアン)国家環境保護総局長
韓国 李圭用(イ・ギュヨン)環境部長官

5.議題

 日中韓三カ国環境大臣会合では、気候変動問題等の地球環境問題や、黄砂等の北東アジア地域の環境問題について議論を行うとともに、大臣会合に基づくプロジェクトの推進や大臣会合の将来の役割について意見交換を行います。 これまでのコミュニケ等については、以下のウェブサイトを御参照ください。

6.本会合の取材について

会合は非公開ですが、会合冒頭のカメラ撮り及び記者会見を予定しております。 取材要領の詳細については、後日お知らせします。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局環境協力室
室長:早水 輝好(6760)
補佐:小川眞佐子(6761)
担当:清家 弘司(6764)
(代表)03-3581-3351
(直通)03-5521-8248

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ