報道発表資料

平成19年10月17日
地球環境
この記事を印刷

クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ(APP)第二回閣僚会合の結果及びインド森林環境省との協力強化について

 10月15日(月)にインド・デリーにて開催された「クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ第二回閣僚会合」の結果をお知らせします(詳細は別紙の概要と評価参照)。

 また、上記会合の際に、環境省南川地球環境局長が、インド環境森林省を訪ね、ミッタル国際協力局長と会談を行ったところ、その概要をお知らせいたします。
 南川局長からは、日本とインドの間には、[1]地域の環境汚染と地球温暖化の双方に効果のある対策の実現を図るコベネフィット・アプローチの推進、[2]自然保護や野生生物保護の推進、[3]廃棄物リサイクル対策の推進などで協力を進めることが可能であり、日本の経験や技術がインドの環境保全に有効であることを説明しました。ミッタル局長からは、インドにおいては、気候変動によりもたらされる悪影響への適応(adaptation)に係る費用がGDPの2%にも上っており、是非日本との協力を深めたいとの意向が示されました。
 その結果、両局長は、本年8月22日に日本とインドの両首脳間で結ばれた「環境保護及びエネルギー安全保障における協力の強化に関する日印共同声明」を尊重し、来年より、日本国環境省とインド国環境森林省の間で、定期的な環境政策対話を開催し、協力関係を深めることに合意しました。

 

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
tel:03-5521-8330(直)
 国際対策室長:和田 篤也 (6772)
 補佐:川又 孝太郎 (6789)
 担当:小林 豪 (6775)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ