報道発表資料

平成19年6月27日
自然環境
この記事を印刷

温泉に関する可燃性天然ガス等安全対策関係省庁連絡会議の設置について

 本日6月27日、温泉のゆう出に伴い発生する可燃性天然ガス等に対する安全対策について、関係省庁間の緊密な連携を図ることを目的として、「温泉に関する可燃性天然ガス等安全対策関係省庁連絡会議」が設置されました。
 第1回連絡会議は、6月28日(木)に開催されます。

1.連絡会議の概要

 ※別添「温泉に関する可燃性天然ガス等安全対策関係省庁連絡会議の設置について」参照

(1)連絡会議設置の目的
 平成19年6月19日に東京都渋谷区の温泉の採取施設において爆発事故が発生したことを受け、温泉のゆう出に伴い発生する可燃性天然ガス等に対する安全対策について、関係省庁間の緊密な連携を図るため。
(2)連絡会議の構成
議長
環境省自然環境局自然環境整備担当参事官
構成員
総務省消防庁予防課長
厚生労働省労働基準局安全衛生部安全課長
経済産業省原子力安全・保安院鉱山保安課長
国土交通省住宅局建築指導課長

2.第1回連絡会議について

日時:
平成19年6月28日(木)15:00〜
場所:
環境省皇居外苑管理事務所会議室(千代田区皇居外苑1−1)
議題:
(1)
関係省庁の取組について情報交換
(2)
安全対策のあり方について意見交換 等
 会議は非公開で行いますが、冒頭のみをカメラ撮影可といたしますので、御希望の報道関係の方は、あらかじめ下記担当まで御連絡下さい。

環境省自然環境局自然環境整備担当参事官室 佐藤、金子
電話:03−3581−3351 内線6458
FAX:03−3595−0029
E-mail:shizen-seibi@env.go.jp

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境整備担当参事官室
直通:03-5521-8280
 代表:03-3581-3351
 参事官:中野 安則(6450)
 参事官補佐:山口 富夫(6451)
 参事官補佐:佐藤 邦雄(6426)
 総務課課長補佐:黒川 陽一郎(6458)
 担当:金子 浩二(6458)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ