報道発表資料

平成19年1月24日
自然環境
この記事を印刷

国内における高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の発生地周辺の概況把握のための職員の派遣について

 国内での新たな高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例の発生を受け、当該地域周辺での野鳥の生息状況を把握するため、環境省職員を派遣することになりましたのでお知らせします。

 宮崎県において、新たに高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したことを受け、環境省野生生物課及び九州地方環境事務所の職員を派遣し、宮崎県の鳥獣行政担当職員等とともに平成19年1月25日(木)に、周辺地域での野鳥の生息状況等の把握を行います。

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
電話 03-5521-8285(直通)
     03-3581-3351(代表)
 課長 星野 一昭(6460)
 室長 猪島 康浩(6470)
 補佐 中澤 圭一(6471)

ページ先頭へ