報道発表資料

平成18年9月11日
自然環境
この記事を印刷

平成18年度動物愛護週間中央行事について

「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、動物愛護週間(9月20日〜9月26日)が設けられており、広く国民の間に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、国、地方自治体及び関係団体が協力して、各種行事を実施しています。
  国では、東京都や関係団体と一緒に、昭和57年から中央行事を実施してきています。本年度は、9月23日(土)及び30日(土)の2日間、上野恩賜公園において、「動物愛護ふれあいフェスティバル」及び「動物愛護シンポジウム」を行います。

1.行事内容

(1)
動物愛護ふれあいフェスティバル(9月23日(祝)11時から)
○場所 上野恩賜公園内噴水池前広場及び上野動物園
○内容 愛犬のしつけ方教室、各種ブース展示、動物紙芝居上演、動物愛護作品コンテスト表彰等

(2)
動物愛護管理シンポジウム(9月30日(土)13時から)
○場所 東京国立博物館(平成館講堂)
○内容 「これからのペットショップ・ブリーダーと飼い主 〜動物愛護管理法の改正を受けて〜」

2.主催

動物愛護週間中央行事実行委員会
(事務局:(財)日本動物愛護協会)

<実行委員会メンバー>
環境省、東京都、台東区、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会、(社)日本動物保護管理協会、(社)日本動物園水族館協会、(社)東京都家庭動物愛護協会、(社)日本新聞協会、(社)日本雑誌協会

連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
室長 築島 明(内線6484)
 補佐 金井 正典(内線6428)

ページ先頭へ