報道発表資料

平成18年3月10日
大気環境
この記事を印刷

「ESTスタート・セッション」の開催について

環境省、警察庁、国土交通省は、環境的に持続可能な交通(EST; Environmentally Sustainable Transport)の実現に向けた取り組みを推進するため、ESTの実現に向けて取り組む地域の状況を紹介し、これらの各地域における取り組みに関する情報の意見交換をフォーラム形式で行うシンポジウムを開催します。
 本シンポジウムは、京都議定書目標達成計画における「環境的に持続可能な交通(EST)の実現」の取組であり、地球温暖化対策推進本部において各省連携施策の一つとして位置づけられているESTモデル事業の一環として行われるものです。
 環境省では、今後、本シンポジウムの結果などESTモデル事業の成果をとりまとめ、得られた知見や課題等の情報を広く提供し、ESTの実現に向けた取り組みの普及と啓発を推進していきます。
 なお、本シンポジウムは、入場無料です。

1.開催日時

平成18年3月17日(金) 13:00〜16:30

2.会場

虎ノ門パストラル(港区虎ノ門4-1-1)
(東京メトロ神谷町駅から徒歩2分、東京メトロ銀座線虎ノ門駅より徒歩8分)

3.主催(共催)

環境省、警察庁、国土交通省

4.シンポジウムの概要(詳細は別添資料1)

基調講演−「日本の都市におけるEST展開のあり方」(名古屋大学 森川高行教授)
主催者講演
ESTモデル地域からの報告
ESTテーマ別ラウンドテーブル−本音で話し合うESTモデル地域の現状と課題−

5.参加申込みについて

参加費は無料です。参加をご希望の方は、別添資料1の裏面を参照の上お申し込み下さい。

6.取材について

当日の取材は自由です。当日、報道受付にお越し下さい。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局自動車環境対策課
課長 岡部 直己(内線 6520)
 課長補佐 垣下 禎裕(内線 6526)
 担当 児玉 知之(内線 6527)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ