報道発表資料

平成17年11月15日
地球環境
この記事を印刷

アジア太平洋環境開発フォーラム第2フェーズ(APFEDII) 第1回全体会合の開催について

環境省は、11月21日(月)及び22日(火)の両日、ボゴール(インドネシア)でアジア太平洋環境開発フォーラム第2フェーズ(APFEDII)第1回全体会合を開催します。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

1.概要  :
 本フォーラムは、アジア太平洋地域に相応しい持続可能な発展のモデルを提示するために2001年に設立された、国の枠組みに縛られない有識者会合です。
 第1フェーズの2002年〜2004年の間に、アジア太平洋地域の各国や国際機関から26人の有識者がメンバーとして参加し、6回の実質会合を開催しています。昨年12月には第6回実質会合が開催され、最終報告書を採択しています。
 今年度からは第2フェーズに移行し、その報告書に記載されている100を超える提言の実現に向けた具体的な取組を促進することとしています。本会合が第2フェーズでの初の全体会合になります。
2.日時  :
平成17年11月21日(月)〜22日(火)
3.開催地:
ノボテル・ボゴール・ホテル(インドネシア、ボゴール)
4.出席者:
アジア太平洋地域の有識者等(別紙1参照
5.内容  :
APFEDIIの活動方針についての検討(詳細は別紙2参照

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課
課長: 清水 康弘(6710)
 調査官: 奥田 直久(6720)
 補佐: 行木 美弥(6725)
 担当: 野本 卓也(6723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ