報道発表資料

平成17年11月7日
保健対策
この記事を印刷

第16回「化学物質と環境円卓会議」の開催について

市民、産業、行政等が参加し、化学物質と環境に関する情報の共有及び相互理解を促進する場として設置された「化学物質と環境円卓会議」の第16回会議を平成17年12月18日(日)に公開で開催いたします。今回は、福島県において、「リスクコミュニケーションへの取組を広げるための方策」について、市民・産業・行政からの話題提供及びメンバーによる意見交換が行われる予定です。

1.化学物質と環境円卓会議の概要

 化学物質の環境リスクの低減のためには、市民、産業、行政等の国民的参加による取組を促進する必要があります。そこで環境省では、市民、産業、行政等が参加し、化学物質と環境に関する情報の共有及び相互理解を促進する場として、平成13年12月より「化学物質と環境円卓会議」を開催しております。
  本会議は、市民7名、産業7名、行政5名、学識経験者3名のメンバー(メンバー名簿は別添参照)から構成され、毎回設定する議題に関し対話を通じて情報の共有と相互理解を深める意見交換を行っております。また、議事録をホームページ上に掲載するなどにより、より広く国民に発信しております。
 これまでに、計15回の会議を開催しており、前回の愛知県での開催(本年9月4日)に引き続き、今回は、福島県の協力のもと、同県において開催いたします。

2.第16回化学物質と環境円卓会議の開催について

開催日時

平成17年12月18日(日) 13時00分〜16時00分

開催場所

ビッグパレットふくしま(コンベンションホールB)
(福島県郡山市安積町日出山字北千保19−8)

議題
(1)
「リスクコミュニケーションへの取組を広げるための方策」
(市民・産業・行政からの話題提供及びメンバーによる意見交換)

木村光政 福島県生活環境部環境保全領域大気環境グループ参事
須能則和 株式会社クレハいわき工場総務部長
丹野正恭 川俣精機株式会社取締役社長附
河合直樹 化学物質アドバイザー・環境カウンセラー
から御講演いただく予定です。

(2)
その他

3.会議の傍聴

 本会議は公開です。傍聴(無料)を御希望の方は、[1]電子メール、往復はがき又はFAXに「第16回化学物質と環境円卓会議 傍聴希望」と記入し、[2]住所、氏名、勤務先、電話番号、(電子メール又はFAXで申し込まれる場合はそれぞれ、電子メールアドレス又はFAX番号)を明記の上、12月14日(水)17時必着で、以下の宛先(4.申込み先)まで申し込みください。
 傍聴可能人数は100人を予定しており、希望者がこれを超えた場合は抽選とさせていただきます。
 申込みは傍聴希望者一名につき一通でお願いします。申込みが電子メール又はFAXの場合はこちらからの返信を、往復はがきの場合は返信はがきを傍聴券といたしますので、傍聴券を当日必ずお持ちください

カメラ撮りを希望のマスコミ関係者の方も、同様に申し込みください。(カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。また、必ず自社腕章を携帯願います。)

4.申込み先

社団法人 環境情報科学センター 「化学物質と環境円卓会議」傍聴受付係 あて

○ 電子メールの場合

電子メールアドレス:entaku@ceis.or.jp
(電子メールはテキスト形式で送信してください。添付ファイルによる提出は御遠慮願います。)

○ 往復はがきの場合

〒102-0081 東京都千代田区四番町8-19 番町ポンピアンビル

○ FAXの場合

FAX番号:03‐3234‐5407

 円卓会議の傍聴を申し込みの際に記入いただいた個人情報は、(社)環境情報科学センターの個人情報保護方針に基づいて取り扱います。
 連絡いただいた個人情報は、化学物質と環境円卓会議傍聴者の管理、傍聴券の発行以外に使用することはありません。
 個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

(社)環境情報科学センター 個人情報問い合わせ窓口
E-mail:info@ceis.or.jp
電話番号:03-3265-3916
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長:上家 和子(6350)
 課長補佐:神谷 洋一(6356)
 担当:吉崎 仁志(6358)

ページ先頭へ