報道発表資料

平成17年9月16日
再生循環
この記事を印刷

三重県四日市市エコタウンプランの承認について

この度、三重県四日市市から「四日市エコタウンプラン」の承認申請があり、これを審査した結果、住民・企業・行政の協働により、資源循環のネットワークを形成、エコタウンプランの推進を図るとともに、地域産業である化学素材産業の技術・ノウハウ等を活かした廃プラスチックのリサイクル事業など、独創性・先駆性が認められることから、経済産業省と環境省は本日付で共同で承認することとしました。
 なお、本承認は全国で25番目のエコタウンプランの承認となります。

〈四日市市エコタウンプランの概要〉

 住民・企業・行政の協働により、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を基本とした以下の事業を主に展開し、プラスチック類のリサイクル拠点化を中心とした循環型経済社会を目指すプランです。

[1]環境産業の育成と支援

  • 工場や家電リサイクル工場から排出される廃プラスチックと、分別回収等で回収する食品トレーから再生樹脂を製造するリサイクル事業の実施。
  • 生分解性プラスチック事業、塩化ビニルリサイクル事業の事業化に向けての検討。

[2]ごみの減量化(リデュースの推進)

 分別指導員制度、ごみ減量リサイクル推進店認定制度の導入等。

[3]ごみのリサイクル(リユース、リサイクルの推進)

 パソコンのリユース事業、リサイクルプラザ整備、地域通貨を活用した食品トレーの回収等。

[4]エコタウンプラン承認地域との連携・情報発信

 各地域との連携を図るため、セミナー・シンポジウムの開催。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長: 藤井 康弘(内線6831)
 室長補佐: 七夕 義隆(内線6829)

ページ先頭へ