報道発表資料

平成16年3月29日
再生循環
この記事を印刷

岡山県エコタウンプランの承認について

 この度、岡山県エコタウンプランの承認申請があり、これを審査した結果、地域の処理課題となっている廃棄物と水島地域で育成された環境技術の融合による新しい環境ビジネスを創出することや環境学習を通して県民一人一人を循環型社会の担い手となる「環境県民」として育成するなど、エコタウンプラン承認基準に照らし、独創性・先駆性が認められることから、経済産業省と環境省は、平成16年3月29日に共同承認することとした。
 なお、本承認は全国で20番目のエコタウンプランの承認となる。

−岡山エコタウンプランの概要−
岡山県は、全国初の「岡山県循環型社会形成推進条例」を制定し、廃棄物等の発生抑制や資源の循環的な利用、適正処理の確保を目指した各種取組を推進中。本プランは、同条例の実行計画となるものであり、環境ビジネスを地域産業の基軸とし、先進的な「環境と調和したまちづくり」を推進すべく以下の取組を実施。

[1] 地域の産業インフラである水島コンビナートで培われてきた高度な環境技術を利用し、地域の処理課題となっている木質系廃棄物等の循環資源を原料とした新しい環境ビジネスを展開する。
[2] 民間企業主導による環境教育の推進。
[3] 本プランのハード事業で製造されるリサイクル品等を学校や企業で積極的に利用するなど、県民一人一人を「環境県民」として育成。
 

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長:   藤井 康弘(内線6831)
 室長補佐: 水野 秀信(内線6829)
 担当:   福澤 則久(内線6828)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ