報道発表資料

平成15年10月27日
再生循環
この記事を印刷

東京都エコタウンプランの承認について

 この度、東京都のエコタウンプラン(東京都エコタウンプラン)の承認申請があり、これを審査した結果、大規模かつ集約的なリサイクル施設を整備し、広域的な連携による処理体制の維持・強化を図る本構想は、大都市が共通して抱える廃棄物問題の解決に向けた取組として、独創的で先進性に優れると認められるので、環境省と経済産業省は平成15年10月27日に共同で承認することとした。

 なお、本承認は全国で19番目、関東地方では3番目のエコタウンプランの承認となる。
−東京都エコタウンプランの概要−
東京都エコタウンプランは、東京臨界部に大規模かつ集約的なリサイクル施設を整備し、可能な限り自圏域内での廃棄物処理を実現するとともに、他県から排出される産業廃棄物の受入等も行うことにより、広域的な連携による処理体制の維持・強化を図るものであり、これは大都市が共通して抱える廃棄物問題の解決に向けた先進的な取組である。
 具体的には、
 従来、そのほとんどが最終処分されていた建設混合廃棄物について、機械化工程の導入等により、そのリサイクル率の飛躍的向上を図る「建設混合廃棄物の高度選別リサイクル施設」
 高度情報社会の急激な進展に伴い、今後、大量に発生することが予想される廃情報機器類について、リユース及びリサイクルの推進を図る「廃情報機器類等のリサイクル施設」
 リサイクルの取組が遅れているコンビニエンスストアやスーパーマーケット等から排出される食品廃棄物について、バイオガス発電と飼料化によるリサイクル推進を図る「食品廃棄物のリサイクル施設」
の設置等による取組を推進することとしている。

 
 本プランに基づく「建設混合廃棄物の高度選別リサイクル施設」の整備事業に対しては、環境省によるゴミゼロ型地域社会形成推進施設整備費補助金を交付予定である(平成14年度補正予算及び平成15年度予算にて予算措置済み)。
 
 なお、エコタウンプランについては、独創性、先導性の認められる案件について、引き続き支援していきたい。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長  :藤井(内線6831)
 室長補佐:水野(内線6829)
 担当  :福澤(内線6828)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ