報道発表資料

平成15年9月25日
再生循環
この記事を印刷

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令について

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」が9月26日(金)の閣議で閣議決定される予定となっています。
 この政令は、先の通常国会において成立した「廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律」(平成15年法律第93号)の施行に伴い、事業者が一般廃棄物の運搬又は処分若しくは再生を他人に委託する場合の基準、廃棄物の広域的処理の認定に関する必要な事項等を定めるものです。

1.政令の概要

(1) 事業者が一般廃棄物の処理を他人に委託する場合の基準について
  (第4条の4関係)
   事業者が一般廃棄物の処理を他人に委託する場合には、他人の一般廃棄物の処理を業として行うことができる者であって、委託しようとする処理がその事業の範囲に含まれるものに委託しなければならないこと等を定める。
(2) 法第7条第5項第4号へ(法改正により追加された欠格要件)の政令で定める使用人について
  (第4条の7関係)
   一般廃棄物処理業の許可の欠格要件に該当する者である、当該許可等の取消し処分に係る聴聞通知を受けてから当該処分がある日までの間に廃業の届出をしてから5年を経過しない法人又は個人の政令で定める使用人として、法第7条第5項第4号リ及びヌと同様の者(本店又は支店の代表者等)を定める。
(3) 廃棄物処理業の許可が不要となる廃棄物の広域的処理の環境大臣認定(法第9条の9第1項及び法第15条の4の3第1項)に関し、政令で定める必要な事項について
  (第5条の8から第5条の10まで及び第7条の5関係)
   廃棄物処理業の許可が不要となる廃棄物の広域的処理の認定に関し、
   [1] 認定を受けた者は、当該認定に係る処理の内容、処理を行い又は行おうとする者及び処理の用に供する施設に関する事項の変更をしようとするときは、環境省令で定める軽微な変更を除き、環境大臣の変更の認定を受けなければならないこと、
  [2] 環境大臣は、法第9条の9第1項又は法第15条の4の3第1項の認定([1]の変更の認定を含む)をしたときは、認定証を交付しなければならないこと、
  [3] 認定を受けた者は、[1]の軽微な変更をしたとき、当該認定に係る処理の事業の全部の廃止をしたとき等は、環境大臣に届け出なければならないこと
  を定める。
(4) 産業廃棄物の処理施設における保管上限について
  (第6条第1項第2号ロ(3)及び第6条の5第1項第2号チ(3)関係)
   産業廃棄物処理基準のうち、産業廃棄物の保管上限の数量を定める規定について、産業廃棄物と同様の性状を有する一般廃棄物として環境省令で定めるものを処理する施設において処理する場合にあっては、当該産業廃棄物の数量に当該一般廃棄物の数量を含めて、保管上限以上の保管を禁止する。

2.今後の予定

 閣議 : 平成15年 9月26日(金)
 公布 : 平成15年10月 1日(水)
 施行 : 平成15年12月 1日(月)(改正法と同日施行)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課
室長:鎌田 光明(6861)
 補佐:鮎川 智一(6821)
 担当:水谷 努  (6821)

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課
課長:由田 秀人(6841)
 補佐:是澤 裕二(6842)

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
課長:森谷 賢  (6871)
 補佐:小野 洋  (6872)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ