報道発表資料

平成13年7月30日
廃棄物
この記事を印刷

産業廃棄物焼却施設の排ガス中のダイオキシン類濃度等について

平成11年12月1日から平成12年11月30日までの1年間の産業廃棄物焼却施設における排ガス中のダイオキシン類濃度注1)の測定結果等について調査し、その結果をとりまとめたので公表する。なお、結果の概要は次のとおり。
 
  注1) 「ダイオキシン類」とは、ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)及びコプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)である。毒性等量(TEQ)の算出に用いられる毒性等価係数(TEF)として、WHO-TEF(1998)を用いている。平成12年1月15日のダイオキシン類対策特別措置法施行以前は、PCDD及びPCDFがダイオキシン類と定義されており、かつ、TEFはI-TEF(1988)を用いていた。今回の調査期間は平成11年12月1日から平成12年11月30日であるため、測定時期によって、ダイオキシン類濃度の算出にはWHO-TEFとI-TEFのいずれかが用いられている。

詳しくはこちら(廃棄物・リサイクル対策部行政資料)

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
(内線:6876)

ページ先頭へ