報道発表資料

平成26年12月12日
総合政策
この記事を印刷

シンポジウム「循環共生型社会の実現による地域再生に向けて~地球環境と地方創生への知の貢献~」の開催について(お知らせ)

以下のとおりシンポジウムを岡山大学との共催にて開催いたします。本シンポジウムでは、「循環共生社会の実現による地域再生に向けて」をテーマに、学識者やグリーンプラン・パートナーシップ(GPP)事業の採択団体による事例発表の他、パネルディスカッションなどを予定しております。
一般公開にて開催いたしますので是非ご参加ください。

 平成26年7月に出された中央環境審議会意見具申「低炭素・資源循環・自然共生施策の統合的アプローチ~環境・生命文明社会の創造~」においては、低炭素・資源循環・自然共生施策の統合的アプローチによって、「地域経済循環の拡大」、「健康で心豊かな暮らし」等の我が国の経済・社会的課題に対応し、第4次環境基本計画に盛り込まれている「環境・経済・社会」の統合的向上の実現を目指すこと、その具体的な姿としての「地域循環共生圏」を具体化することが求められています。

 また、政府全体としても、「まち・ひと・しごと創生本部」(本部長:内閣総理大臣)が設立され、人口減少下における持続可能な地域の在り方(地域の産業育成、コンパクトシティ等)の検討が本格化しているところです。

 これらを受け、環境省としても、地域が抱える社会経済的課題と低炭素化施策等との関係及び国全体の削減目標の達成から果たすべき地方公共団体の役割を踏まえつつ、低炭素地域づくりを通じた地域活性化等に向けた政策の方向性を検討しています。

 本シンポジウムは、このような背景から、低炭素地域づくり事業を地域活性化や地域課題の解決に繋げる工夫等の事例を共有することにより、より効果的で、かつ地域の社会経済に根差して自律的に発展していけるような取組の芽を生み、それを大学の知恵も活かしつつ発展させる道筋を共に考え、育て

ていくことを目的として開催するものです。

2.開催日

   平成27年1月15日(木)13:00~17:00

3.開催場所

   岡山大学 創立五十周年記念館 金光ホール 

4.主催

   環境省総合環境政策局、岡山大学

5.申込締切り

   平成27年1月9日(金)

6.応募・問合せ

   事務局 株式会社オリエンタルコンサルタンツ(担当:二村、若松)

       FAX: 03-6311-8025

       E-mail:sympo@oriconsul.com

7.その他

   参加申込方法・スケジュール等の詳細につきましては添付の案内をご確認ください。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8234)
課長  :近藤 智洋 (内6220)
課長補佐:浜島 直子 (内6223)
担当  :船越 美保子(内6257)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ