報道発表資料

平成26年12月9日
自然環境
この記事を印刷

(公社)日本動物園水族館協会ツシマヤマネコ保護増殖事業の認定について

環境省は、協定に基づき公益社団法人日本動物園水族館協会(日動水)が実施するツシマヤマネコ保護増殖事業について、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)に基づき、国が定める保護増殖事業計画に適合している旨の認定を行いましたのでお知らせします。
 今後、ツシマヤマネコの生息域外保全等について、日動水及び正会員園館との連携をより一層深めて取組を進めていきます。
 環境大臣が日動水に対して保護増殖事業計画の認定を行うのは今回が初めてです。

1 背景

 ツシマヤマネコについては、国が定める保護増殖事業において、飼育下繁殖の実施による生息域外保全の推進が位置づけられており、平成8年の福岡市動物園での飼育開始以降、公益社団法人日本動物園水族館協会(日動水)所属の複数の動物園の協力を得ながら取組を進めています。その中で、日動水には各動物園間の連携体制の確保などの生息域外保全の取組全体の調整に協力いただいています。
 こうしたこれまでの協力関係も踏まえ、日動水及び環境省は、平成26年5月22日に「生物多様性保全の推進に関する基本協定」を締結しました。この度は本協定に基づく両者の連携強化の一環として、日動水のツシマヤマネコ保護増殖事業について、種の保存法に基づく国の保護増殖事業計画に適合している旨の環境大臣の認定を行いました。

2 認定内容

(1)認定を受けた保護増殖事業を行う者の主たる事務所の所在地、名称及び代表者の氏名

  東京都台東区台東四丁目二十三番十号 ヴェラハイツ御徒町四〇二
  公益社団法人日本動物園水族館協会
  会長 荒井 一利

(2)認定を受けた保護増殖事業の事業計画

イ 事業計画の名称

  ツシマヤマネコ保護増殖事業計画

ロ 事業計画の区域

  •   福岡市動物園
  •   東京都井の頭自然文化園
  •   横浜市立よこはま動物園
  •   富山市ファミリーパーク
  •   九十九島動植物園
  •   名古屋市東山動物園
  •   盛岡市動物園
  •   沖縄こどもの国
  •   京都市動物園
  •   浜松市動物園
  •   愛媛県立とべ動物園

ハ 事業計画の期間

  平成26年12月9日 から 平成36年12月8日

ニ 事業計画の概要

  1.   (一)体制の構築
  2.   (二)持続的な飼育下個体群の確立と維持
  3.   (三)普及啓発活動の推進
  4.   (四)その他

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
直通  :03-5521-8283
代表  :03-3581-3351
室長  :安田 直人(6677)
室長補佐:笹渕 紘平(6464)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ