報道発表資料

平成26年9月18日
自然環境
この記事を印刷

生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)及び名古屋議定書第1回締約国会合(COP-MOP1)の開催について(お知らせ)

生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)が、10月6日(月)~17日(金)に、名古屋議定書第1回締約国会合(COP-MOP1)が、10月13日(月)~17日(金)に、それぞれピョンチャン(韓国)で開催されます。
COP12では、戦略計画及び愛知目標の中間評価、資源動員戦略、生物多様性と持続可能な開発、海洋・沿岸の生物多様性、条約の効率的な運用等の広範な分野について議論され、COP-MOP1では名古屋議定書の実施に関する事項について議論される予定です。
また、会期中の15日(水)及び16日(木)には、並行して閣僚級会合が開催され、持続可能な開発への生物多様性の統合等について閣僚間で議論が行われる予定です。

1.経緯

○条約の正式名称は、「生物の多様性に関する条約」。生物多様性の保全、その構成要素の持続可能な利用及び遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を実現することを目的として、1992年に採択された。現在、締約国は、194カ国・地域。

○2010年10月に愛知県名古屋市で開催されたCOP10では、我が国が議長国を務め、生物多様性に関する新たな世界目標である愛知目標の採択や、遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する名古屋議定書の合意など、歴史的な成果が得られた。COP12では愛知目標の中間評価等が議論される予定。

○遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する名古屋議定書(正式名称:生物の多様性に関する条約の遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書)については、締約国数が議定書発効に必要な50ヶ国に達したため10月12日(日)に発効予定。

(参考)最近の締約国会議の開催状況

 COP9  2008年 5月 ボン(ドイツ)

 COP10 2010年10月 愛知県名古屋市

 COP11  2012年10月 ハイデラバード(インド)

2.COP12概要

(1)会議名称 

日本語:生物多様性条約第12回締約国会議

英語:The twelfth meeting of the Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity

(2)開催日程:平成26年10月6日(月)~17日(金)

(3)開催場所:ピョンチャン(韓国)、アルペンシア国際会議場

(4)主な議題

○戦略計画及び愛知目標の中間評価

○資源動員戦略

○生物多様性と持続可能な開発

○海洋・沿岸の生物多様性

 ○合成生物学

 ○条約の効率的な運用 等

(5)閣僚級会合

15日(水)及び16日(木)に閣僚級会合(ハイレベルセグメント)が韓国政府主催で開催され、各国閣僚の参加の下、持続可能な開発への生物多様性の統合や気候変動等の地球規模課題への生物多様性の活用等について議論される予定。

3.COP-MOP1概要

(1)会議名称

日本語:遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する名古屋議定書第1回締約国会合

英語:The first meeting of the Conference of the Parties serving as the meeting of the Parties to the Nagoya Protocol on Access and Benefit-sharing

(2)開催日程:平成26年10月13日(月)~17日(金)

(3)開催場所:ピョンチャン(韓国)、アルペンシア国際会議場

(4)主な議題

 ○締約国会合の手続規則

 ○名古屋議定書政府間委員会の報告

 ○ABSに関する情報交換センター 

○議定書の遵守のための手続・制度 等

4.サイドイベント

 COP12期間中の環境省関連のサイドイベントについては、別添を参照。

5.展示ブース

COP12期間中、展示ホールで開催される「持続可能な開発のためのインタラクティブフェア」において、農林水産省と共同で日本の生物多様性と生物多様性施策を紹介する展示ブースを設置予定。

【本会合の公式ウェブサイト】

COP12: http://www.cbd.int/cop12/

COP-MOP1 : http://www.cbd.int/npmop1/

【報道関係者向け情報サイト(参加登録方法を含む)】

http://www.cbd.int/cop2014/media/

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
室長  :奥田 直久(内 6480)
企画官 :柴田 泰邦(内 6660)
室長補佐:中山 直樹(内 6485)

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
室長 :堀上 勝 (内 6661)
専門官:野田 恭子(内 6666)
係長 :笠原 綾 (内 6487)

--------------------

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ