報道発表資料

平成26年5月12日
総合政策
この記事を印刷

国連「ESDの10年」後の環境教育推進方策懇談会(第3回)の開催について(お知らせ)

日本が提案して2005年から開始された国連「ESDの10年」は、2014年に最終年を迎え、同年11月に「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」が日本で開催されます。このことから、同会議を契機として環境教育をはじめ関連する国内のESDの取組の推進方策を検討するため、有識者の参画も得て、北川環境副大臣の下に国連「ESDの10年」後の環境教育推進方策懇談会(第3回)を開催します。
なお、懇談会は公開で行います。

1.懇談会の開催について

(1)開催日時:
平成26年5月21日(水) 10時~12時
(2)開催場所:
中央合同庁舎5号館22階 環境省第1会議室
東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
(3)議題(予定):
  • [1]関係者等からヒアリング
  • [2]個別課題ごとの議論
  • [3]その他

2.傍聴について

本懇談会は、一般の方の傍聴が可能です。傍聴を希望される方は、以下を御確認の上、お申込みください。

なお、電話でのお申込みはできませんので、御注意願います。

  • (1)申込方法

    FAX又は電子メールでお申込み下さい。 お申込みの際には、表題に「「ESDの10年」後の環境省環境教育推進方策懇談会(第3回)傍聴希望」と明記し、[1]氏名(フリガナ)、[2]住所、[3]電話番号、[4]勤務先・所属団体、[5]FAX番号又はメールアドレスを必ずご記入ください。

    <FAXによる申込先>
    FAX送付先:環境省総合環境政策局 環境教育推進室 宛
    FAX番 号:03-3580-9568
    <メールによる申込先>
    環境省 総合環境政策局 環境教育推進室 宛
    sokan-kyoiku@env.go.jp
  • (2)申込締切

    平成26年5月16日(金)17時必着
    ※傍聴席には限りがございますので、希望者多数の場合は抽選を行います。傍聴の可否については5月19日(月)までに環境省よりご連絡いたします。

3.報道関係者の皆様へ

報道関係者の方も「2.傍聴について」に従い、表題に「「ESDの10年」後の環境省環境教育推進方策懇談会(第3回)取材希望」と明記してお申込みください。

なお、写真、映像等のカメラ撮影は、冒頭のみ可とさせていただきます。

<傍聴申込み連絡先>

環境省総合環境政策局環境教育推進室 担当:山口、金馬(こんま)

  • 代表:03-3581-3351(内線6271)
  • 直通:03-5521-8231
  • FAX:03-3580-9568
連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
直通 03-5521-8231
代表 03-3581-3351
室長 鈴木 義光(内線6240)
補佐 武田 玄雄(内線6272)

ページ先頭へ