報道発表資料

平成25年1月22日
自然環境
この記事を印刷

第5回「新たな世界自然遺産候補地の考え方に係る懇談会」について(お知らせ)

 新たに世界自然遺産登録を目指す地域を検討する際の考え方を整理するため、環境省と林野庁の共催による「新たな世界自然遺産候補地の考え方に係る懇談会」の第5回目(最終回)を開催しますのでお知らせします。

1.開催日時、会場等

(1)日時

平成25年1月29日(火) 10:00〜12:00

(2)場所

TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター 1階
カンファレンスルーム1A(東京都中央区京橋2-3-19TKP八重洲ビル)

(3)議題

[1]
「世界自然遺産地域における成果と今後求められる保全管理について 論点整理(知床、白神山地、小笠原諸島、屋久島の保全管理の状況及び課題を踏まえた検討)」について(報告)
[2]
新たな世界自然遺産候補地を検討する場合の考え方について
[3]
その他

2.傍聴の手続き

 上記会議は公開で行います。傍聴を希望される方は、1月28日(月)正午までに下記の申込先まで電子メール又はFAXにてお申し込みください。
 なお、電話でのお申し込みはご遠慮ください。

傍聴可能人数(一般傍聴者)

15人程度

傍聴申込先

環境省 自然環境局 自然環境計画課内
「新たな世界自然遺産候補地の考え方に係る懇談会」事務局
電子メール:shizen-keikaku@env.go.jp
FAX:03−3591−3228
傍聴に関するお問い合わせTEL:03−5521−8274
担当:宮澤、芹澤

記載事項
  • 「新たな世界自然遺産候補地の考え方に係る懇談会(第5回)の傍聴希望」と明記(電子メールの場合は件名欄に記載)
  • 氏名(フリガナ)
  • 電話番号
  • 電子メールアドレス又はFAX番号
  • お差し支え無ければ、住所、勤務先又は所属団体
車椅子を使用される方、盲導犬、聴導犬又は介助犬をお連れの方は、その旨をお書き添えください。また、手話通訳や介護の方を同伴される場合は、その方の氏名も併せてお書き添えください。
留意事項
  • 複数名のお申し込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。
  • 会場の都合上、傍聴希望者が多数の場合は先着順とさせていただきます。
  • 当方からの返信メール又はFAXを傍聴券といたしますので、傍聴券は当日必ず御持参ください。(電子メールでお申し込みいただいた方は、当方からの返信メールを印刷のうえ御持参ください。)
報道関係者の方へ
  • 報道関係者の方はお申し込みの際に「報道関係者」と記載してください。
  • カメラ撮影を希望の場合は、その旨を記載してください。
  • カメラ撮りについては、会議の冒頭のみとさせていただきます。
  • カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。
  • 当日は受付にて記者証をご提示いただきますようお願いします。
  • 一般傍聴とは別に席をご用意しますが、満席となった場合はお立ちいただくことになりますので、その場合はご容赦ください。
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8274
課長      亀澤 玲治  (6430)
課長補佐   中澤 圭一  (6435)
専門官    宮澤 泰子  (6438)
環境専門員 芹澤 加奈子(6491)

ページ先頭へ