報道発表資料

平成24年11月13日
自然環境
この記事を印刷

第48回国際熱帯木材理事会の結果について(お知らせ)

 第48回国際熱帯木材理事会が11月5日(月)から10日(土)まで、横浜市において開催されました。
 今回の理事会は、昨年12 月に発効した「2006 年の国際熱帯木材協定」の下で開催 された初めての理事会であり、新しいITTO行動計画の策定など、新たなITTOの活 動開始に向けた活発な議論が行われました。

概要

1.会議名

第48回国際熱帯木材理事会

2.期間

2012年11月5日(月)〜11月10日(土)

3.場所

パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1−1−1)

4.参加国・出席者

(1)加盟国:
ミャンマー、カメルーン及びガボンの林業担当大臣、国際熱帯木材機関(ITTO*1)加盟国38カ国及びEUの政府関係者等
(2)我が国:
外務省、林野庁、環境省の担当者
(3)オブザーバー:
非加盟国の政府関係者、国連森林フォーラム(UNFF*2)、国連食糧農業機関(FAO*3)等の国際機関のほか、NGO、民間団体等の関係者
*1
 
ITTO:International Tropical Timber Organization
*2
 
UNFF: United Nations Forum on Forest
*3
 
FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations

5.結果概要

(1)2006年の国際熱帯木材協定の発効に伴う見直し

 本理事会は、「2006年の国際熱帯木材協定」の発効後、はじめて開催された理事会であり、協定の発効に伴い、理事会の下に設置される各委員会の機能の見直し、手続規則や会計規則の見直し、事務局体制の見直しが行われた。

(2)ITTO行動計画2013-2018

 2013年から2018年のITTOの行動計画として、6つの優先分野とそれぞれの分野における期待する成果や指標等からなるITTO行動計画2013-2018が採択された。

(3)テーマ別プログラム

 2008年から試行的に実施され、気候変動や違法伐採などの特定の課題に対して対策を実施するテーマ別プログラムについて、今後の本格実施に向けた見直しのための議論が行われ、プログラム実施の際の透明性の確保などを盛り込んだ申請、審査、報告などの新たな手続きが決定された。

(4)ITTO二カ年作業計画

 ITTOが2013年、2014年の二カ年に実施する活動に関する作業計画について、我が国の提案により、資金調達に関する活動が計画に加えられ、採択された。

(5)プロジェクトの審議・承認

 本理事会の期間内において、加盟国から31 件、総額約6.0 百万ドルのプロジェクト等に対して拠出の表明がされた。このうち、我が国からは、14 件、総額約約3.6 百万ドルのプロジェクト等に対して拠出の表明をした。また、2012 年に拠出された金額の総額が約9.0 百万ドルになったことが報告された。

(6)国連気候変動枠組条約における森林に関する議論の報告やITTOと他の国際機関との連携

 気候変動枠組条約における森林減少・劣化等からの温室効果ガス排出削減(REDD*4+)に関する決定等の報告が行われたほか、2010年にITTOと生物多様性条約とが締結した両者の連携に関する覚書に基づき、現在実施されている生物多様性保全のためのプロジェクト等について、報告が行われた。

(7)第49回及び第50回理事会の開催日時及び場所

 第49回理事会は2013年11月25日から30日にリーブルビル(ガボン)にて、第50回理事会は2014年11月3日から8日に横浜市にて開催されることが決定された。

*4 REDD:
Reducing emissions from deforestation and forest degradation in developing countries
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8274
課長     亀澤 玲治 (内6430)
課長補佐  天田 慎一 (内6493)

関連情報

ページ先頭へ