報道発表資料

平成24年4月23日
自然環境
この記事を印刷

生物多様性条約第16回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA16)及び条約実施に関する第4回作業部会(WGRI4)の開催について(お知らせ)

 生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)の各議題について検討を行う第16回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA16)及び第4回条約実施に関する作業部会(WGRI4)が、それぞれ4月30日(月)〜5月5日(土)及び5月7日(月)〜11日(金)に、モントリオール(カナダ)で開催されます。
 両会合では、戦略計画2011-2020及び愛知目標の進捗、資源動員、生物多様性と気候変動、海洋・沿岸の生物多様性等、広範な議題について議論される予定です。議論の結果は、今年10月にインドのハイデラバードにて開催予定のCOP11に対する勧告となります。

1.第16回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA16)の概要

会議名称
日本語
:第16回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA16)
英語
:The sixteenth meeting of the Subsidiary Body on Scientific, Technical and Technological Advice
開催期間:
平成24年4月30日(月)〜5月5日(土)
場所:
モントリオール(カナダ)
主な議題:
地球規模生物多様性概況(GBO)第4版
IPBES(生物多様性と生態系サービスに関する政府間プラットフォーム)との連携
海岸・沿岸の生物多様性
生物多様性と気候変動 等
経緯
 生物多様性条約第25条に基づいて設立された科学技術助言補助機関(Subsidiary Body on Scientific, Technical and Technological Advice: SBSTTA)は、条約の実施状況について科学技術的な見地から締約国会議(COP)及び他の補助機関に対して助言を行うことを任務としています。COP11で議論される科学的技術的な事項について事前に議論を行うとともに、COPでの決定案をとりまとめ、条約の効果的な実施及び世界的な生物多様性の保全及び持続的な利用に貢献します。

【本会合の公式ウェブサイト】
http://www.cbd.int/sbstta16/

2.第4回条約実施に関する作業部会(WGRI4)の概要

会議名称
日本語
:第4回条約実施に関する作業部会(WGRI4)
英語
:The fourth meeting of the Ad-Hoc Open-ended Working Group on Review of Implementation of the Convention
開催期間:
平成24年5月7日(月)〜5月11日(金)
場所:
モントリオール(カナダ)
主な議題:
戦略計画2011-2020の実施及び愛知目標の進捗
能力養成及び広報・教育・普及啓発
資源動員
リオ+20に向けたメッセージ
民間参画(ビジネスと生物多様性) 等
経緯
 条約実施に関する作業部会(Ad-Hoc Open-ended Working Group on Review of Implementation of the Convention:WGRI)は、COP7の決定を受けて設置され、条約の実施についてレビューすることを任務としています。戦略計画を始め、過去のCOPで決定された各種取組の成果や取組状況についてレビューを行うとともに、COP決定案をとりまとめることにより今後の条約の実施に貢献するものです。
 なお、COP10議長国である我が国は、今次会合で議長も務めることとなっています。

【本会合の公式ウェブサイト】
http://www.cbd.int/wgri4

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通   :03-5521-8275
代表   :03-3581-3351
室長   :奥田 直久   (内 6480)
室長補佐:守分 紀子   (内 6979)
専門官  :久慈 淳一郎 (内 6979)

ページ先頭へ