報道発表資料

平成24年1月13日
自然環境
この記事を印刷

名古屋議定書実施基金の第1号承認案件について(お知らせ)

 環境省では、名古屋議定書の早期発効及び効果的な実施のため、 地球環境ファシリティ(GEF)が運営する名古屋議定書実施基金に拠出をしています。
 平成23年12月13日、地球環境ファシリティ(GEF)事務局長が名古屋議定書実施基金の 第1号案件を承認しましたのでお知らせいたします。

1.プロジェクトの概要
実施国:パナマ
事業パートナー:
パナマ環境庁(ANAM)、科学・先端技術サービス調査機関 (INDICASAT)、パナマ大学、スミソニアン熱帯研究機関、国連開発計画 (UNDP)、エーザイ・インク(エーザイ株式会社の米国子会社)等
事業内容:
ガン等に対して治療効果のある化合物の発見、有効な化合物の発見と生物 多様性の持続可能な利用を推進する技術の移転、国立公園とパナマ国民との利益配分、ABS国内制度の構築
事業期間:3年間
事業予定額:4,422,000米ドル(うちNPIFより1,000,000米ドル)

2.参考資料
GEFプレスリリース(http://www.thegef.org/gef/node/5383
(参考:名古屋議定書実施基金)
 我が国は、COP10議長国として、遺伝資源へのアクセスと利益配分(ABS)に 関する途上国の能力構築を支援するための10億円の資金拠出を表明し、 名古屋議定書の早期発効及び効果的な実施のためにGEFに設置された「名古屋議定書実施基金」に 平成23年4月27日に拠出いたしました。
 当基金は、地球環境ファシリティ(GEF)の運営の下、ABS国内制度の構築、 遺伝資源の保全及び持続可能な利用における民間セクターの参加を推進する国及び地域レベルのプロジェクトの実施等を 支援するもので、申請されたプロジェクトはGEFの審査プロセスに従って審査されます。

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通   :03-5521-8275
代表   :03-3581-3351
室長   :奥田 直久(内線 6480)
室長補佐 :伊奈 康治(内線 6476)
係員   :田邊 依里子(内線 6486)

ページ先頭へ