報道発表資料

平成23年12月9日
自然環境
この記事を印刷

平成23年度第1回重要海域抽出検討会の開催について(お知らせ)

 環境省では、平成23年3月に策定した「海洋生物多様性保全戦略」に基づき、我が国の周辺海域における生物多様性の保全上重要度の高い海域の抽出を、今年度から平成25年度までの3ヶ年をかけて実施します。  今年度第1回目となる重要海域抽出検討会を下記のとおり開催します。

平成23年度第1回重要海域抽出検討会の開催

日 時:
平成23年12月21日(水) 14:00〜16:30
場 所:
経済産業省別館944号会議室
(東京都千代田区霞が関1-3-1)
議 題:
重要海域抽出基準等の具体的手法の検討

傍聴申込み

本会議は公開で行われます。傍聴を御希望の方は、傍聴申込みを行ってください。 平成23年12月15日(木)17:00必着で、下記申込先へE-mail又はFAXにてお申し込みください。

○記載事項
・「平成23年度第1回重要海域抽出検討会傍聴希望」と明記
・氏名、住所、電話番号、ご所属、メールアドレスもしくはFAX番号(傍聴の可否を連絡いたします)
○留意事項
会場の都合上、傍聴希望者が多数の場合は抽選とさせていただきます。
※報道関係者の方へ
報道関係者の方はお申込みの際に「報道関係者」と記載してください。
カメラ撮影を希望の場合は、その旨を記載してください。
カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。
<申込先>
環境省自然環境局自然環境計画課
FAX:03-3591-3228
電子メール:shizen-keikaku@env.go.jp
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
直通:03-5521-8274
代表          :03-3581-3351
課長          :塚本 瑞天(内線6430)
課長補佐       :中澤 圭一(内線6435)
サンゴ礁保全専門官:尼子 直輝(内線6432)
主査          :中川 春菜(内線6432)

関連情報

過去の報道発表資料

平成23年3月29日
海洋生物多様性保全戦略の策定について(お知らせ)
ページ先頭へ