報道発表資料

平成23年12月2日
地球環境
この記事を印刷

「地熱エネルギーに関するシンポジウム〜福島から発信するこれからの地熱発電〜」の開催について(お知らせ)

 環境省、経済産業省及び農林水産省は、12月17日(土)に福島市にて、「地熱エネルギーに関するを考えるシンポジウム〜福島から発信するこれからの地熱発電〜」を開催します。
地域との共生を図りつつ、地熱発電を推進する取組について、東北地域の地熱開発有望地区のうち、最大の地熱ポテンシャルを有する福島の地から、全国へ発信します。奮ってご参加ください。

1.開催趣旨

 地球温暖化対策の推進と厳しい電力需給の緩和が喫緊の課題となっている中で、再生可能エネルギーの導入拡大が期待されています。
地熱発電は、運転時のCO2の排出がないだけでなく、地熱資源に恵まれた日本にはまだ開発余地がある上に、昼夜を問わず安定した発電が可能です。その一方で、自然、景観、温泉資源への影響も懸念されております。
 本シンポジウムでは、地熱発電の可能性と諸課題を認識し、地域との共生を図りつつ地熱発電を推進するためにどうしたらよいかを、地熱発電の専門家、事業者、温泉経営者、自然環境の保護に関わる方々と一緒に東北最大のポテンシャルを有する福島の地で考えていきます。

2.開催概要

日時
:平成23年12月17日(土)10:00〜12:40
会場
:福島県 ホテル辰巳屋 8階(瑞雲の間)
(福島県福島市栄町5-1 福島駅前東口から徒歩1分)
主催
:経済産業省・環境省・農林水産省
後援
:超党派地熱発電普及推進議員連盟、福島県、観光庁 他(予定)
参加費
:無料
定員
:300名※応募者多数の場合は、先着順とさせていただきます。
申込
:以下の「なっとく!再生可能エネルギー」ホームページからお申し込みください。
http://www.enecho.meti.go.jp/geothermal/index.html

3.プログラム(予定)

10:00 開会・来賓挨拶
超党派地熱発電普及推進議員連盟代表
10:05 挨拶
佐藤 雄平 福島県知事
10:10 基調講演
柳澤 光美 経済産業大臣政務官
10:20 基調講演
高山 智司 環境大臣政務官
10:30 特別講演
真山 仁  作家(「ハゲタカ」、「マグマ」作者)
11:00 休憩
11:10 パネルディスカッション
<パネラー>
       加藤 博
東北電力株式会社 取締役副社長
       鬼多見 賢
猪苗代湖の自然を守る会 会長
       幅 康浩
出光興産株式会社 執行役員 資源部長
       藤沢 久美
シンクタンク・ソフィアバンク副代表
       安川 香澄
独立行政法人産業技術総合研究所 主任研究員、国際地熱協会 理事
       渡辺 いづみ
土湯温泉山水荘 女将
12:40 閉会
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通:03-5521-8249
課長  :室石 泰弘(内線6770)
課長補佐:永見 靖 (内線6042)
担当  :山王 静香(内線6782)

ページ先頭へ