報道発表資料

平成23年9月22日
自然環境
この記事を印刷

「富士山」を世界遺産一覧表に記載するための推薦書(暫定版)の提出について(お知らせ)

 本日、外務省において世界遺産条約関係省庁連絡会議(構成:外務省、文化庁、環境省、林野庁、水産庁、国土交通省、宮内庁)が開催され、「富士山」の世界文化遺産への推薦(文化庁・環境省・林野庁の共同推薦)について検討が行われました。その結果、「富士山」の推薦書(暫定版)をユネスコ世界遺産センターへ今月末までに提出を行うことが決定されましたので、お知らせいたします。

(参考)今後の予定

○平成23年9月末まで
推薦書(暫定版)のユネスコ世界遺産センターへの提出
(※ユネスコ世界遺産センターによる形式審査)
○平成24年2月1日まで
推薦書(正式版)のユネスコ世界遺産センターへの提出
○平成24年夏〜秋
ICOMOS(国際記念物遺跡会議)による現地調査
○平成25年5月頃
ICOMOSによる評価結果の勧告
○平成25年夏
第37回世界遺産委員会において審議

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8274
課長:塚本 瑞天(内:6430)
課長補佐:中澤 圭一(内:6435)
担当:井堀 秀雄(内:6477)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ