報道発表資料

平成22年12月28日
水・土壌
この記事を印刷

「平成21年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査・対策技術検討調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査」対象技術の評価結果等について(お知らせ)

 環境省では、土壌汚染対策の一環として、実用段階にある低コスト・低負荷型の土壌汚染の調査技術及び対策技術、ダイオキシン類汚染土壌浄化技術等を公募し、実証調査及び技術評価を行う標記の調査事業を実施しています。
 この度、平成21年度の調査結果を取りまとめましたので公表します。

1.本調査の目的

 「低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査」では、現在実用段階にある低コスト・低負荷型の土壌汚染の調査技術及び対策技術を公募し、本調査の対象となる技術を選定して、当該技術について現場実証試験等を行い、その結果等を踏まえ当該技術の総合的な評価を行っています。これらの評価結果を公表することにより、実用段階にある土壌汚染の調査技術及び対策技術に関する知識の普及と土壌汚染対策の推進を図ることを目的としています。

2.本調査の結果概要

 平成21年度は、土壌汚染対策法に定める特定有害物質及びダイオキシン類により汚染された土壌の調査技術及び対策技術を対象として募集を行ったところ、9件の応募がありました。これらの応募技術の中から、学識経験者で構成される「平成21年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査・対策技術検討調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査」検討会(別添検討委員名簿参照)における審査により、次表に示す4件の技術が選定されました。これら4技術の企業による実証調査結果及び検討会における評価結果の概要を別添に示します。 

平成21年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査・対策技術検討調査及び
ダイオキシン類汚染土壌浄化技術等確立調査 実証調査技術一覧表

代表機関名技術の名称技術の区分備考
大成建設(株) 嫌気ベンゼン分解菌DN11株を用いる帯水層のバイオレメディエーション 原位置分解 別添1
アジア航測(株) スチーム-エアインジェクション法による揮発性有機化合物の原位置浄化技術(TSVE工法・加熱土壌ガス吸引法) 原位置抽出 別添2
(株)竹中工務店 重金属類汚染土壌のオンサイト洗浄工法 化学分離 別添3
(株)竹中工務店 フェントン薬剤による中性領域での原位置フラッシング工法 原位置土壌洗浄+酸化分解 別添4

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8322
課長:柴垣 泰介(内線6650)
課長補佐:根木 桂三(内線6652)
担当:永川 豊広(内線6659)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ