報道発表資料

平成22年10月26日
保健対策
この記事を印刷

第12回 化学物質の内分泌かく乱作用に関する日英共同研究ワークショップの開催について(お知らせ)

 環境省では平成11年度より、化学物質の内分泌かく乱作用に関して英国と共同研究を実施しております。毎年、共同研究の各年度の成果を発表・協議するため、ワークショップを開催していますが、今年度は、11月3日、4日に英国ノーザンバーランドにおいて第12回ワークショップを開催することとなりましたので、お知らせいたします。

1 背景・目的

 平成11年3月に開催されたG8環境大臣会合において、化学物質の内分泌かく乱作用に関して英国と共同研究を実施することが合意され、5カ年の日英共同研究事業が開始されました。平成16年度には、5年間の延長(2005〜2009年)が決定され、第2期目日英共同研究として、両国の研究者による共同研究を推進してきました。昨年11月の第11回ワークショップにおいて、日英共同研究の5カ年の継続(第3期日英共同研究)に関する文書の調印が行われたところです。
 今年度のワークショップでは、現在研究を推進している以下の4つの枠組み(コアプロジェクト)について、両国の研究担当者が成果発表及び意見交換を行った上で、今後の具体的研究課題についての検討を行う予定です。

※日英共同研究における研究内容(2010年以降〜)
[1]
処理排水中及び環境中の主要な内分泌かく乱作用を有すると疑われる化学物質及び新たな化学物質の挙動を推定するための研究、並びにそれら化学物質の環境中への排出を低減するための研究
[2]
内分泌かく乱化学物質が起こしうる環境リスクを評価するための野生生物への悪影響を推定する方法(試験法)の開発
[3]
水生生物及びその他の生物の生殖及び成長への影響を把握するための化学物質試験法における様々なエンドポイントの評価(遺伝子レベルや分子生物学的なアプローチ)に関する研究
[4]
英国及び日本における野生生物への環境リスク(個体群レベルでの影響等)の解析

2 日時

平成22年11月3日(水)、4日(木)

3 場所

マトフェンホール(英国 ノーザンバーランド)

4 出席者

日本:
井口泰泉(研究統括者、自然科学研究機構)、鑪迫典久(国立環境研究所)、
山崎邦彦(環境省)、他
英国:
トム ハッチンソン(研究統括者、環境水産科学研究所)、チャールズ タイラー(エクセター大学)、マイク・ロバーツ(英国 環境・食料・農村地域省)、他

5 開催プログラム

 別添参照

化学物質の内分泌かく乱作用に関する日英共同研究については、下記ホームページ(専門家向け 英語のみ)でも概要を御覧いただけます。
http://www.uk-j.org

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
直通 03-5521-8261
代表 03-3581-3351
課長 早水 輝好(内6350)
課長補佐 本間 政人(内6352)

環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課
直通 03-5521-8252
環境リスク情報分析官
山崎 邦彦(内6391)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ