報道発表資料

平成22年6月28日
自然環境
この記事を印刷

シンポジウム「里山・里地・里海の価値とその管理:新たなコモンズ論の展開に向けて」の開催について(お知らせ)

 7月9日にシンポジウム「里山・里地・里海の価値とその管理:新たなコモンズ論の展開に向けて」を国連大学高等研究所、(独)国立環境研究所、横浜国立大学、東京大学、人間文化研究機構総合地球環境学研究所の主催、環境省の共催により開催します。
 本シンポジウムは、環境省環境研究総合推進費※1による研究プロジェクトE-0902「里山・里地・里海の生態系サービスの評価と新たなコモンズによる自然共生社会の再構築」※2の中間成果を報告し、今後の里山・里地・里海の持続可能な利用および管理のためのしくみとしての新たな共同管理のあり方(コモンズ)について広く意見交換して、研究成果の政策的な展開を議論するために開催するものです。

※1
環境省環境研究総合推進費
 環境問題が人類の生存基盤に深刻かつ重大な影響を及ぼすことに鑑み、様々な分野における研究者の総力を結集して学際的、国際的な観点から総合的に調査研究及び技術開発を推進し、もって持続可能な社会構築のための環境保全に資することを目的とした政策貢献指向型の競争的研究資金。
※2
E-0902「里山・里地・里海の生態系サービスの評価と新たなコモンズによる自然共生社会の再構築」
 環境省環境研究総合推進費の支援を受け、平成21年度より、国連大学高等研究所、(独)国立環境研究所、横浜国立大学、東京大学、人間文化研究機構総合地球環境学研究所が実施。里山・里地・里海がもたらす生態系サービスを定量的・定性的に評価するとともに、国土の将来シナリオを作成して、自然共生社会の再構築に向けた政策の選択肢を提示することを目指す。

1 実施主体

主催:
国連大学高等研究所、(独)国立環境研究所、横浜国立大学、
東京大学、人間文化研究機構総合地球環境学研究所
共催:
環境省

2 目的

 本シンポジウムは、以下を目的として開催します。

[1]
環境省環境研究総合推進費研究プロジェクトE-0902の中間成果を報告すること
[2]
今後の里山・里地・里海の利用・管理のしくみとしての新たなコモンズについて広く意見交換をすること
[3]
研究成果の政策的な展開を検討すること

3 日時

 平成22年7月9日(金)13:00〜17:30

4 開催場所

 東京都渋谷区神宮前5−53−70
 国連大学本部5階 エリザベスローズ会議場

5 入場料

 無料(定員100名・事前登録制)
 ※会場には駐車場がありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

6 申込方法

 件名に『7/9新たなコモンズ論シンポジウム』と記入し、本文に氏名、所属機関、Eメールアドレス、電話番号を明記して、7月6日(火)までにeventregistration@ias.unu.edu宛に御送信ください。
 なお、定員になり次第、締め切らせていただきますので予め御了承ください。

7 使用言語

 日本語

8 プログラム(予定)

13:00-13:15
開会の挨拶
渡辺正孝(国連大学高等研究所 客員教授/慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別研究教授)
渡邉綱男(環境省大臣官房審議官)
第1部:講演および報告
13:15-13:45
基調講演1:コモンズとしての里山・里地・里海:可能性と今後の課題
植田和弘(京都大学大学院経済学研究科・地球環境学堂 教授)
13:45-14:15
基調講演2:里山と生物多様性
森本幸裕(京都大学大学院地球環境学堂・農学研究科 教授/ 日本景観生態学会 会長)
14:15-14:30
報告:里山・里地・里海の供給サービスと生物多様性
松田裕之(横浜国立大学大学院環境情報研究院 教授)
14:30-14:45
報告:里山・里地の調整サービスと生物多様性
大黒俊哉(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)
14:45-15:00
報告:里山・里地・里海の文化的価値とコモンズの歴史
湯本貴和(人間文化研究機構総合地球環境学研究所 教授)
秋道智彌(人間文化研究機構総合地球環境学研究所 副所長・ 教授)
15:00-15:15
報告:生態系サービスの変化の間接・直接的要因
岡寺智大((独)国立環境研究所アジア自然共生研究グループ 研究員)
15:15-15:30
報告:里山・里地・里海の生態系サービス評価モデルの構築
渡辺正孝
丹治三則(国連大学高等研究所 客員研究員/慶應義塾大学環境情報学部 講師)
15:30-15:50
コーヒー・ブレイク
第2部:総合討論
15:50-17:30
総合討論「新たなコモンズとは何か?」
議長:渡辺正孝
・嘉田良平
(人間文化研究機構総合地球環境学研究所 教授/横浜国立大学教授)
・武内和彦
(国連大学 副学長/東京大学大学院農学生命科学研究科 教授/国連大学高等研究所 客員教授)
・中村浩二
(金沢大学学長補佐(社会貢献)・環日本海域環境研究 センター長 教授/国連大学高等研究所 客員教授)
・林直樹
(横浜国立大学大学院環境情報研究院 産学連携研究員)
・伴金美
(大阪大学大学院経済学研究科 教授)
・渡邉綱男
(環境省大臣官房審議官)
・第1部講演者8名
(秋道 智彌、植田 和弘、大黒 俊哉、岡寺 智大、丹治 三則、松田 裕之、森本 幸裕、湯本 貴和)
17:30
閉会
なお、国連大学のホームページ(http://videoportal.unu.edu/event/113)において、日本語で中継する予定です。また、開催後は、(http://videoportal.unu.edu/)のページにおいて録画を配信する予定です。
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8274
課長:星野 一昭(内線6430)
課長補佐:奥山 正樹(内線6435)
担当:鬼塚 淳一(内線6482)

ページ先頭へ