報道発表資料

平成22年4月28日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)によるアイスランドにおける火山噴火及び噴煙の観測結果の英国政府への提供について(お知らせ)

 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構(以下、「三者」)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT/ゴーサット、平成21年1月23日打上げ)プロジェクトを推進していますが、今般、英国政府の要請に応じ、「いぶき」に搭載した雲エアロソルセンサがアイスランドにおける火山噴火及び噴煙の状況を観測した画像データの提供を開始しましたので、お知らせいたします。

 アイスランドの首都レイキャビクの東南東約100kmにあるエイヤフィヤトラヨークトル火山における、4月14日と17日の大規模な噴火による噴煙が欧州の広範な範囲に広がったため、欧州各国では民間旅客機の運休、空港の閉鎖等の緊急対策が取られました。

 「いぶき」では、温室効果ガスセンサの補助センサとして搭載している雲・エアロソルセンサ(TANSO-CAI)による全球撮影を3日毎に実施しており、4月15日以降に撮影された画像にアイスランドから欧州に広がる噴煙の様子や、4月17日の大規模な噴火の様子も撮影されました。

 今般、英国政府から外務省に対し、火山灰の噴煙の状況確認並びに予測モデルの検証に用いるために観測データの提供依頼があり、三者は雲・エアロソルセンサによる4月15日以降の欧州地域の観測データについて画像処理(*)並びに地図投影(**)を施した形で提供を開始いたしました。  画像データの提供は今月いっぱい実施する予定です。

(*)画像処理:
雲・エアロソルセンサに用いられている検出器の各素子の特性を考慮して、観測データを正しい輝度値に変換後、噴煙部分が強調されるような処理を行った。
(**)地図投影:
本件においてはステレオ図法に合うように観測画素を並べ変えた。

【本件問い合わせ先】
(「いぶき」衛星、搭載センサ及び観測状況について)
   (独)宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 衛星利用推進センター
   電話: 050-3362-6130
(搭載センサデータ及びその解析結果について)
   (独)国立環境研究所 地球環境研究センター GOSATプロジェクトオフィス
   電話: 029-850-2966

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8247
室長:小野 洋(内線6730)
補佐:清野 達男(内線6731)
係長:河里 太郎(内線6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ