報道発表資料

平成22年3月15日
総合政策
この記事を印刷

平成22年度エコポイント等CO2削減のための環境行動促進モデル事業(エコ・アクション・ポイントモデル事業)の公募結果について(お知らせ)

 この度、平成22年度エコポイント等CO2削減のための環境行動促進モデル事業(エコ・アクション・ポイントモデル事業)の公募を行ったところ、4件の応募があり、審査の結果、1件(株式会社ジェーシービー)を採択することとなりましたので、お知らせします。
 環境省では、温暖化防止国民運動の切り札として、温暖化対策型の商品・サービスの購入等に対してエコ・アクション・ポイントを付与する「エコ・アクション・ポイントモデル事業」を平成20年度から推進しており、平成23年度以降、経済的に自立した民間主導によるエコポイントのビジネスモデルを確立することを目指しています。

公募結果

 2020年に温室効果ガスを1990年比で25%削減するという目標を達成し、低炭素社会を実現するためには、家庭部門の温室効果ガス削減が必要不可欠となっています。
 環境省では、国民参加による温暖化対策の切り札として、様々な温暖化対策型の商品・サービスの購入・利用等に伴いポイント(エコ・アクション・ポイント)が貯まり、そのポイントを商品等に交換することができる「エコポイント等CO2削減のための環境行動促進モデル事業」(エコ・アクション・ポイントモデル事業)を平成20年度から推進しており、平成23年度以降、経済的に自立した民間主導のビジネスモデルを確立することを目指しています。
 この度、「平成22年度エコポイント等CO2削減のための環境行動促進モデル事業」について、平成22年2月2日(火)〜19日(金)の期間、公募を行ったところ、4件の応募があり、環境省が設置する企画審査会による審査の結果、1件(株式会社ジェーシービー)の事業を採択することとなりました。

(1)
応募数
4件
(2)
採択事業数
1件:株式会社ジェーシービー
(3)
採択事業の概要
 他事業者との連携システム、端末を利用した簡易ポイント付与システム、マーケティング機能の構築などのプラットフォーム機能の拡充や、新たなエコ・アクション・ポイント推進モデルの構築を行い、様々な地域や業態との協業により、エコ・アクション・ポイント参加企業や参加会員の拡大を図ります(添付資料参考)。
(参考)
「エコ・アクション・ポイントシンポジウム」の開催について(平成22年2月25日報道発表)
 環境省では、これまでのエコ・アクション・ポイントモデル事業の成果を振り返るとともに、同事業の平成23年度以降の自立に向けて、より多くの事業者・消費者に御参加いただくために、以下のとおり「エコ・アクション・ポイント シンポジウム」を開催いたします。
【日時】
平成22年3月17日(水)14:30〜16:15
【場所】
ホテル メトロポリタンエドモント(東京都千代田区飯田橋3-10-8)
(地図)http://www.edmont.co.jp/info/access.html
【内容】
エコ・アクション・ポイントモデル事業に参加している事業者の方々から具体的な取組内容を紹介していただくとともに、消費者と事業者の協働作業を通して低炭素社会づくりを進めていく意義や可能性等について、有識者を交えたパネルディスカッションを行います。(その他、詳細については、エコ・アクション・ポイント公式サイト(http://www.eco-action-point.go.jp/)を御覧ください。)

 シンポジウム参加を希望される方は、事前に、氏名・会社名・役職名・連絡先(電話番号と電子メールアドレス)を記載の上、下記申込先に電子メールでお申し込みください。メールの件名には、必ず「エコ・アクション・ポイント シンポジウム出席希望」と記載してください。

お申し込み先:シンポジウム事務局(株式会社TBSビジョン:菅井 宛)
メールアドレス:info@eco-action-point.go.jp

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
代表:03-3581-3351
課長:石飛 博之(内線6260)
補佐:香具 輝男(内線6267)
担当:須賀 義徳(内線6288)
担当:森下 英司(内線6288)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ