報道発表資料

平成21年11月19日
大気環境
この記事を印刷

低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドラインについて(お知らせ)

 環境省では、窒素酸化物の排出の少ない小型燃焼機器を優良品として推奨するための「小規模燃焼機器の窒素酸化物排出ガイドライン」を見直し、新たに「低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン」を作成しました。
 また、「低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン」の推奨ガイドライン値を達成した機器について、製品やパンフレットにつけることのできる「環境省低NOxラベル・環境省低NOxマーク」を作成しました。

 二酸化窒素の環境基準の達成状況は、全体として改善傾向が見られるものの、一部の地域において環境基準を達成していない状況にあり、環境省では、大気汚染防止法に基づき、窒素酸化物の発生抑制のための各種施策の推進を行っているところです。
 一方、大気汚染防止法の規制対象外である小型燃焼機器については、施設数が多いことから窒素酸化物の「群小発生源」として無視できないものとなってきており、そのひとつである小型ボイラー等を対象に、窒素酸化物の排出の少ない機器を優良品として推奨するための「小規模燃焼機器の窒素酸化物排出ガイドライン」を作成し、低NOx型小規模燃焼機器の普及を図っているところです。
 今般、技術開発の進展や環境への社会的関心の高まりを踏まえ、上記のガイドラインを見直し、新たに「低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン」を作成するとともに、低NOx型小規模燃焼機器を推奨するための「環境省低NOxラベル・環境省低NOxマーク」を別紙のとおり作成しました。
 今後、小規模燃焼機器御購入の際には、このマークを目印とし、低NOx型小規模燃焼機器を購入されるよう御配慮願います。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気環境課
直通:03-5521-8293
代表:03-3581-3351
課長:山本 光昭(内線 6530)
課長補佐:山田 克之(内線 6533)
担当:西村 三男(内線 6536)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ